外壁塗装・屋根塗装お役立ちコラム塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 外壁塗装・屋根塗装お役立ちコラム > 費用に関して

費用に関しての記事一覧

外壁塗装の予算を考えよう|塗料の種類や劣化状況に合わせて選ぶリフォームプラン

外壁塗装の予算を考えよう|塗料の種類や劣化状況に合わせて選ぶリフォームプラン

飯能市、坂戸市、日高市の皆様こんにちは!!  外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! 代表取締役の小久保です! 外壁塗装にかかる費用を、施主様の予算に合わせて考えるのも施工業者の重要な作業です。かといって、外壁塗装予算を必要以上に引き下げてしまうと、十分な施工ができなくなってしまうことも事実です。 そのため、優良施工業者は「大幅な値下げができない適正価格」を最初から設定していることを覚えておきましょう。 今回の記事では「予算に合わせた塗料の選択の重要性」についてご紹介したいと思います。 [myphp file="comContactL01"] 塗料から外壁塗装予算を考える 外壁塗装で一番費用に直結するのが「使用する塗料の種類」です。どんな塗料を使用できるかは、施主様の予算次第で変わってきます。一般的に使用される塗料から、どんな特徴を持っているかをご紹介します。 ▼合わせて読みたい▼ 驚きの価格差を解明!地域別外壁塗装の費用相場完全ガイド アクリル塗料 アクリル塗料は、最も低コストで外壁塗装を施すことができる塗料になります。予算がなく、できるだけ早く施工を終わらせたいという場合には、アクリル塗料を使用することも考えてみましょう。 ただし、アクリル塗料は耐久性が劣るため、次の施工までに期間を設けることが難しくなります。そのため「新築時」にハウスメーカーなどが使用することが多く、次のメンテナンスを早めるという使い方をされていることを覚えておきましょう。 初回からしっかりと次のメンテナンスまでの期間を設けたいという場合は、新築時に外壁の塗料にも指定を出しましょう。 アクリル塗料を使用して外壁塗装をした場合、1m2あたりの施工費用は「1,500〜2,500円」ほどと、非常に低価格で施工できます。30坪ほどの建物の場合、100m2ほどになるため、外壁塗装に15〜25万円、これに足場設置や下地処理等に20万円前後かかるのが一般的です。 [myphp file="comContactL01"] ウレタン塗料 ウレタン塗料は、少し前まで最もポピュラーに使用されていた塗料になります。伸縮性に優れているため、外壁のひび割れが発生しづらいのが特徴です。ただし、耐久性に難があり、外壁塗装を長期間維持することはできません。 現在も、ウレタン塗料をメインで施工する工務店やリフォーム業者は存在します。ここで注意しなければならないのは「いつの塗料か」です。大量在庫していた塗料を叩き売りの状態で安価に施工するという悪質な業者もいるので、大幅な値引きをしてもらえる場合には注意してください。 ウレタン塗料で外壁塗装を施工した場合、1m2あたりの施工費用は「1,000〜2,000円」と非常に低価格で施工が可能です。塗料自体の伸びも良いので、使用すると量も少なく済むでしょう。塗料の価格はアクリル塗料の方が安いですが、施工費用はウレタン塗料の方が安い傾向にあります。 ▼合わせて読みたい▼ ウレタン塗料で外壁と屋根を塗装!ウレタン塗料のメリット・デメリット シリコン塗料 現在最もポピュラーになっているのが、性能や価格的に安定供給できるようになったシリコン塗料です。一世代前は、シリコン塗料は非常に高価な塗料でしたが、現在は製造コストも安定したため使いやすくなっています。 シリコン塗料のメリットは、塗膜の長寿命化が図れる点です。表面の硬さが劣化を抑えることにつながっています。ただし、塗料の安定剤が日光によって劣化してしまい、性能低下が始まると一気に効果を失ってしまうことを覚えておかなければなりません。 このような特徴を抑えるために、酸化チタンを安定剤に使用した「ラジカル調整シリコン」なども存在しますが、価格は若干高くなることを覚えておきましょう。 シリコン塗料で外壁塗装をした場合、1m2あたりの施工費用は「2,000〜3,500円」ほどになります。 [myphp file="comContactL01"] フッ素塗料 一般的な塗料の中で「高級塗料」に分類されるフッ素塗料は、非常に優れた耐久性が魅力の塗料になります。表面の硬さが非常に優れているので、塗膜の長寿命化に貢献しているものの、その硬さが原因でひび割れを発生しやすいという特徴も併せ持つ塗料です。 また、フッ素自体が帯電しやすい特徴を持っているため、低汚染性が十分ではない塗料の場合、汚れを寄せ付けやすくなってしまうことも覚えておきましょう。超低汚染塗料のフッ素塗料であれば、この帯電しやすいというマイナスの特徴も気にしないで済むでしょう。 フッ素塗料は、独特の光沢感を持っている塗料です。表面が非常に滑らかになる反面、それが艶となって現れます。艶感が似合う色であれば良いですが、艶が出過ぎて安っぽく見えてしまう色もあるので、好みに合わない場合は艶消し塗料を選ぶようにしましょう。 フッ素塗料で外壁塗装をした場合、1m2あたりの施工費用は「3,000〜5,000円」と非常に高い施工費用が発生します。これは、フッ素塗料の取り扱いに専門性が必要になってくるからだと考えられます。 ▼合わせて読みたい▼ フッ素塗料で外壁や屋根を塗り直した時の費用相場 劣化状況から外壁塗装予算を考える 外壁塗装を施す際、現時点での外壁の劣化状況に合わせて工事の内容を考えてみてください。常に全てを対策しなければならないというわけではなく、早い段階で対処することで費用を抑えることもできる可能性があります。 外壁に発生するおもな劣化症状として以下の4つが挙げられます。 クラック(ひび割れ) チョーキング 塗膜浮き 苔やカビ それぞれの特徴についてお話ししていきます。 代表的な外壁劣化症状①|クラック(ひび割れ) クラックとは、外壁に現れる「ひび割れ」のことです。モルタル壁の場合、外壁材そのものにひびが入ってしまうので、適切にひび割れ対策を施した上で外壁塗装を施す必要が出てきます。 表面にうっすらと日々が見えている程度であれば、ひびの幅が広がる前に被害の拡大を止めることで対処できるでしょう。もしくは、早い段階でひび割れに強い塗料で塗り固めてしまうというのも方法です。 サイディング壁の場合、外壁材そのものではなく表面の塗膜がひび割れていることが多いです。これが発生している場合、各外壁材の間にあるシーリング材にも劣化が発生していることが考えられます。 シーリング材を確認して、黒く変色していたり、ガム質のような付着物がある場合には、早めに打ち替えが必要だと判断できます。現在は高寿命化されたシーリング材もあるので、最適なシーリングも合わせて行いましょう。 [myphp file="comContactL01"] 代表的な外壁劣化症状②|チョーキング 塗膜が劣化すると、樹脂の成分が白いチョーク状の粉となってしまいます。これをチョーキングと呼び、早急に塗装しなければならない状況です。塗膜の持つ効果はすでに発揮できなくなっているため、低汚染性やセルフクリーニング作用は期待できません。 ただし、すぐに雨漏りが発生するような状況ではなく、このまま放置した場合「苔やカビが発生しやすい」という状態です。できるだけ早く塗り替えが必要ですが、他の大きなトラブルが発生するには、まだ期間に余裕があると言えるでしょう。 代表的な外壁劣化症状③|塗膜浮き 比較的軽視しがちですが、塗膜が浮いてしまう状況は非常によくない状態です。塗膜が浮くということは、内部に水分が入ってしまう状態であるため、外壁材そのものを劣化させたり、すでに入り込んだ水分がカビを発生させていたりするのです。 プカプカとしているだけのように感じるかもしれませんが、気温差で内部に結露を起こしていたら、苔やカビが生えていてもおかしくないのです。表面に塗膜があるから大丈夫なのではなく、塗膜があるからこそ問題を軽視してしまい、建物の寿命を短くしてしまうということを覚えておきましょう。 代表的な外壁劣化症状④|苔やカビ ここまでに少し触れましたが、苔やカビというのは「建物の寿命を短くする」原因になります。単純に表面に発生している苔などは、塗膜の低汚染性を失っていることを意味します。表面にあるカビも同様に、低汚染性はすでに失われていると考えて良いでしょう。 問題は、表面にこれらの問題が発生しているということは「内部も心配しなければならない」ということです。 塗膜だけの問題であれば、溶剤で苔やカビの発生を抑制して、新たな塗膜によって蓋をすることで対処できます。しかし、外壁材の内部、または構造躯体にまで進行してしまっている場合、建物を根本から修繕しなければならないケースに発展するかもしれないのです。 リフォームの内容で考える将来設計 外壁塗装だけが外壁リフォームではありません。今後の建物との付き合い方によっては、他の方法を用いる方が効果的だという場合もあるので、外壁のリフォーム方法についても簡単にご紹介しておきましょう。 塗り替え ここまでご紹介してきた「外壁塗装」は、塗り替えて塗料の効果を外壁に持たせることを意味しています。そのため、より効果の多い、長寿命を期待できる塗料を用いることで、リフォームの効果を期待することができます。 カバー工法 外壁のクラックなど、表面化しているトラブルの対処をするなら、カバー工法によって蓋をしてしまうのも一つの方法です。細かく補修をするのではなく、問題を表面に出さないことで外壁材の耐用年数分だけ問題を先送りしてしまうのです。 根本的に直しているわけではないですが、20〜30年はカバーの外壁材が対応してくれるので、十分有効なリフォーム方法だと言えるでしょう。 [myphp file="comContactL01"] 張り替え 建物を長く引き継いで行こうという場合は、外壁材を入れ替えてしまうことも考えて良いでしょう。窓の場所を変更したり、新たに増設することも可能です。また、外壁関係の問題によって住みにくさを感じていた場合には、張り替えることで対処することもできるでしょう。 リフォームプランのご相談は色彩デザインへ! 外壁塗装の予算は、使用する塗料の種類やリフォーム方法などで、より効果的なものを選ぶことができます。外壁塗装をする際に重視すべきポイントは「目の前の施工費用以上にトータルコストを抑えること」だということを覚えておきましょう。 単純な工事費用は、使用する材料の品質を落とすことでいくらでも安くすることは可能です。しかし、同じ工事を何度も行うよりも、長期間その工事をしないで済む方がコストは絶対に安く抑えられるのです。 これから外壁塗装をするのであれば、将来設計まで考えた上でどのような工事をするか考えてみてください。 外壁塗装や屋根塗装、外装全体の補修工事はぜひ株式会社色彩デザインにご相談ください!将来設計を踏まえながら、現状のお住まいの症状に合わせた工事の提案をさせていただきます。 診断、お見積りは無料です。遠慮なくご相談ください。 [myphp file="comContactL01"] ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年04月10日 更新 詳しく見る
外壁リフォーム費用に関して地域修理業者の選び方選び方お役立ちコラム外壁塗装・屋根塗装
飯能市の外壁塗装は色彩デザイン|外壁塗装費用は【住宅ローン】を使って控除を受けよう

飯能市の外壁塗装は色彩デザイン|外壁塗装費用は【住宅ローン】を使って控除を受けよう

飯能市、坂戸市、日高市の皆様こんにちは!!  外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! 代表取締役の小久保です! 外壁塗装を行う際、工事費用をどのように支払おうと考えていますか? せっかく工事をするのですから、マイナスだけを抱えるよりもプラスになる方法を用いた方が良いです。 外壁塗装工事の費用を支払う方法としては以下の5つが挙げられます。 自己資金(現金一括払い) 自己資金(分割払い) 銀行ローン 住宅ローン リフォームローン とくにオススメは「住宅ローン」と「リフォームローン」です。なぜなら住宅ローン控除が受けられるからです。そこで今回のお役立ちコラムでは「外壁塗装の費用の賢い支払い方」についてお話ししていきたいと思います! [myphp file="comContactL01"] 外壁塗装の耐用年数 外壁塗装をする場合、どんな塗料を使用するかが「耐用年数」を決めるポイントになります。同じように見えて、種類ごとに耐用年数が異なるということをしっかりと理解しておきましょう。 塗料の種類 耐用年数目安 特徴 費用(m2あたり) アクリル 3〜5年 種類も多く比較的安価な塗料。性能的に劣るものの、短期間で色を変えたい場合など「塗り替えを前提」にしている場合に適している。 1,500〜2,500円 ウレタン 5〜7年 前時代のスタンダード塗料。比較的安価で低汚染施工面で優れている。耐久面で難があるため、美観維持の観点では他の塗料に一歩及ばない。 1,000〜2,000円 シリコン 7〜10年 現代のスタンダード塗料。前2種類に比べ、長寿命かを図れる上に、価格も安定していることで選びやすさを持っている。 2,000〜3,500円 フッ素 10〜15年 高級塗料の代表格。表面の硬さにより長寿命化を図れる。独特な光沢感により安っぽさが出てしまう色があるものの、艶消しの種類を選ぶことで子の特徴を緩和できる。表面の硬さが原因でひび割れやすさを持っているので、使う場所は選びたい。 3,000〜5,000円 無機 10〜15年 非常に優れた耐久性を持つ高級塗料。素材にガラスを使用することで、表面の硬さや低汚染性に貢献している。一般住宅に使用するにはオーバースペック感もあるものの、超耐久性を必要とする場所には非常におすすめ。 4,000〜5,500円 ピュアアクリル 10〜15年 不純物を排除した最強のアクリル塗料。製造コストが高いため、外壁塗装にしようする際には若干割高感はあるものの、高い防水性や柔軟性により、建物に発生するトラブルを防いでくれる。 3,500〜5,000円 光触媒 10〜15年 前時代からセルフクリーニング作用を期待されている高機能塗料。塗面だけではなく、太陽光により周囲の空気まで浄化する作用を持っており、地球温暖化緩和にも役立つとされている。 3,500〜5,000円 ▼合わせて読みたい▼ 驚きの価格差を解明!地域別外壁塗装の費用相場完全ガイド [myphp file="comContactL01"] 外壁塗装費用の支払い方法 外壁塗装費用の支払い方法には、大きく3種類が考えられます。 ✅自己資金(現金一括支払い) ✅自己心筋(分割支払い) ✅銀行ローン これらの特徴についてご紹介しましょう。 自己資金(現金一括支払い) 自己資金で支払いをする場合、現金で一括で支払うという方法があります。この方法で支払えば、その時の最安値で支払いを終えることができ、余計な費用負担はなくなるでしょう。 ただし、自己資金で一括支払いしてしまうと、他に使える現金が一時的に枯渇するという点を忘れてはいけません。もちろん、この工事のために貯蓄していれば不安を感じる必要はありません。 しかし、定期メンテナンスではなく突発的な工事だった場合、家計を圧迫する可能性もあるので、一括支払いをする場合には注意しなければなりません。 自己資金(分割支払い) 自己資金で支払う場合でも、分割支払いを選択することはできます。クレジットカードで支払う場合であれば、一括支払いや分割支払いの選択はしやすいです。 現金での支払いの場合は、残念ながら分割支払いは難しくなります。もし現金で分割をしたいという場合は、次でご紹介する銀行ローンなどを使用することをおすすめします。 銀行ローン 銀行ローンには、外壁塗装で使用できるものと使用できないものが存在します。また、ローン審査に通らなければ使用することができないのが大きなデメリットとなるでしょう。しかし、銀行が提示する条件等をクリアできるのであれば、非常に簡単に工事費用を用意することができます。 銀行ローンであれば、施工業者への支払いは一括支払いで完了します。クレジットカードの分割よりも有利な金利で借入できるケースもあるので、トータルでの支払いが少なく済むという場合もあるでしょう。 [myphp file="comContactL01"] 外壁塗装費用のおすすめの支払い方法 外壁塗装費用を支払う際、銀行ローンを使用することをおすすめします。方法としては「住宅ローン」を使用するか「リフォームローン」を使用することになり、どちらも非常に有利な金利で使用することができます。 住宅ローンで支払う 住宅ローンは、購入時にしか使用できないローン商品ではありません。修繕をする場合や増改築する場合にも使用でき、金額的にも高額な場合に対応できる優れた商品です。 いくつかの銀行の2024年4月時点での条件等をご紹介します。 銀行名 金利条件(年利/変動金利) 三菱UFJ銀行 0.345% 三井住友銀行 0.475% みずほ銀行 0.375% りそな銀行 0.340% SBI新生銀行 0.290% イオン銀行 0.430% 常陽銀行 0.525% 横浜銀行 0.300% これらは変動金利ですが、条件としては非常に優れています。クレジットカードの分割金利は16%程度の年間金利が発生するので、銀行ローンの審査を通過することでトータル費用は大幅に少なくなることがわかります。 ただし、ここでご紹介した住宅金利は「高額商品を購入する際の条件」であるため、リフォームに活用できない場合があります。銀行によっては、リフォームはリフォーム専用のローン商品を活用することを勧めています。 リフォームローンで支払う リフォームに使いやすい金融商品として「リフォームローン」が用意されています。住宅ローンほどのパフォーマンスは期待できませんが、クレジットカードの金利と比較した場合、十分に有利な条件で活用できることを覚えておきましょう。 銀行名 実質年利 金利体系 借入可能額 審査回答期間 横浜銀行 1.700〜2.700% 変動金利 10〜1,000万円 最短即日 東京スター銀行 0.850〜7.350% 変動金利 100万〜1億円 最短4日 滋賀銀行 1.575〜5.175% 変動金利 10〜1,500万円 1日前後 auじぶん銀行 0.980〜17.50% 変動金利 10〜800万円 最短即日 きらぼし銀行 1.700% 変動金利 10〜1,000万円 最短3日 これらの銀行は、独自の名称を使用しながらリフォーム専用ローンを用意しています。1%を超えるものもありますが、クレジットカードの分割金利よりも有利な条件での返済が許されます。 [myphp file="comContactL01"] ローン支払いをするメリット一覧 ローンは負債ですが、この負債によって得られるメリットをしっかりと理解しておくと、決して悪いものではないことを知ることができるでしょう。金額的には住宅購入よりも少ないですが、実際に工事を依頼するとそれなりの金額になってしまうことが多いです。 この工事費用を、ローンを使用するメリットについてご紹介します。 自己資金がなくても依頼できる 手持ちの資金が乏しい場合、工事費用を貯めてから依頼しなければなりません。しかし、ローンを使用することで、問題が発覚してすぐに対処することができるのです。これは、被害が進む前に対処できることを意味しているため、余計な工事が発生するリスクを回避できることを覚えておきましょう。 初期費用を抑えられる 費用が貯まるまで期間を置いてしまうと、他の場所から別のトラブルが発生する可能性も出てきます。下手をすると、外壁塗装よりも前に新たに発生したトラブルの対処をしなければならないことも考えられます。 ローンで資金を工面することで、トラブルを未然に防ぐことができるのです。 現金を残せる 銀行ローンによって資金を用意するため、持ち出し資金を減らすことができます。部分的に借り入れするよりも、全額借入にして返済期間を長めに設定することができれば、持ち出し資金は0です。 この場合、手元にはしっかりと現金が残るため、不測の事態にも備えることができます。 住宅ローン控除を受けられる 住宅ローンやリフォームローンを使用した場合、所得税の控除を受けることができることを覚えておきましょう。自己資金で全て支払いを済ませてしまった場合、ただの支出として判断されてしまいます。しかし、銀行ローンを使用した場合、この負債は経費として判断されるのです。 正確には「住宅借入金等特別控除」といいます。この控除を受けるには、以下で挙げるような証明をしなければなりません。 ✅工事証明書 ✅住宅借入金等特別控除の計算明細書 ✅ローン残高証明書 ✅登記事項証明書もしくは登記簿謄本 ✅給与所得源泉徴収票 ✅補助金額証明書 これらを用意して、適切に確定申告を行うことで控除を受けることができるでしょう。 飯能市で外壁塗装の費用が心配ならば色彩デザインにご相談ください! 外壁塗装をする場合、工事費用を引き下げることは品質を引き下げることを意味します。そのため、必要以上の値引き交渉をするよりも、適正価格を支払った場合に受けられる「控除」を優先した方が、後々までこの恩恵を受けることができるでしょう。 外壁塗装で控除申請をした場合、その年から10年間が控除の対象年になることを覚えておきましょう。 外壁塗装をお考えで費用に関してご心配ならば、ぜひ株式会社色彩デザインにご相談ください!リフォームローンや補助金、予算に合わせたご提案をさせていただきます。 劣化診断、お見積りは無料です。遠慮なくご相談ください! [myphp file="comContactL01"] ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年04月08日 更新 詳しく見る
外壁リフォーム費用に関して飯能市地域お役立ちコラム外壁塗装・屋根塗装
外壁リフォームの値段を知りたい|一般的な外壁リフォームにかかる費用について

外壁リフォームの値段を知りたい|一般的な外壁リフォームにかかる費用について

飯能市、坂戸市、日高市の皆様こんにちは!!  外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! 代表取締役の小久保です! 外壁リフォームの値段は、非常に高額になってしまいます。しかし、高額になる理由があるということもしっかりと理解しなければなりません。もちろん、費用を抑える方法は存在します。費用を重視するか、効果や耐用年数を重視するかは、その時の状況によって判断するようにしましょう。 今回の記事では、一般的な外壁リフォームにかかる費用についてご紹介したいと思います。 工事の方法や流れについてもお話ししていきたいと思います! [myphp file="comContactL01"] 外壁のリフォームの種類 外壁のリフォーム方法は、主に3種類あります。 塗装工事 カバー工法 張り替え工事 これらは外壁の状態に合わせて選ぶことができるので、お住まいの劣化状況に合わせて選んでみてください。 塗装工事 塗装工事は、劣化した外壁のコーティングを復活させるための工事になります。使用する塗料によって耐用年数や効果が変わるため、求める性能に合わせて使用する塗料を選ぶ必要があるでしょう。 ひび割れが気になる 表面から白い粉が出ている 苔やカビが発生している 塗膜が浮いている 汚れが落ちない 外壁塗装を行なった後、同じようなトラブルが長期間発生しないように、解消したいトラブルを把握する必要があります。全てを解消したいという場合もあるので、トラブルは決して1つではないということも覚えておいてください。 オールマイティな多機能塗料もあれば、何かに特化している塗料というものもあります。オールマイティな塗料は、トラブル全般に対応できるものの、その効果を100%を求めることは難しくなります。反対に、特化した塗料は問題を解決する能力は100%持っているものの、他のトラブルまではカバーしきれないので、どんなトラブルを抱えているかを把握することは非常に重要なのです。 ▼合わせて読みたい▼ 驚きの価格差を解明!地域別外壁塗装の費用相場完全ガイド [myphp file="comContactL01"] カバー工法 既存の外壁に手を入れるのではなく、上からカバーしてしまうことで問題発生を防ぐ方法がカバー工法です。建築基準に適合していれば問題はありませんが、建坪が広がり過ぎた場合は登記事項に変化が発生してしまうので、同じ方法をなんんども使用することはできません。 カバー工法のメリットは「工事期間が短い」ということです。入念な高圧洗浄が必要なわけでもなく、塗料の乾燥を待たなければならないということもありません。材料さえ揃っていれば、工事当日に完了するケースもあります。 一般的にサイディングを重ね貼りするため、断熱効果も高まります。カバー工法によって冬の寒さを解消することも期待できるでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ ニチハのパミールには問題が起きる?パミールに起きた不具合はカバーがおすすめ! 張り替え工事 既存の外壁がサイディングの場合、問題が発生している箇所の外壁材を張り替えるというリフォーム方法もあります。この方法の場合、内部に充填していた断熱材を追加したり、構造躯体に発生しているカビやシロアリなどの対処も同時にできるのが大きなメリットです。 事実、住んでからしかわからない不満部分があるため、外壁材を張り替えるということは以降の生活が理想に近づくことになるでしょう。 ただし、既存の外壁材を撤去して新しい外壁を作るという都合上、廃棄物の処理に費用が発生することを忘れてはいけません。工事費用以外にも参拝費用が発生してしまうので、通常の外壁リフォームよりも高額になることは覚悟しなければなりません。 もし、外壁材を剥がした際に構造躯体に問題が発生している場合は、根本の問題発生原因を解消しなければなりません。そこで別の工事費用が発生する可能性もあります。この費用は、住み続ける上でいつか必ず発生する費用だということを覚えておきましょう。 問題が大きくなる前に発生したか、建て替えが必要になるレベルまで気づかなかったか。それくらい大幅な違いがあるのです。もし、外壁を張り替える時に問題が発覚した時は、早い段階で対処できることを喜びましょう。 [myphp file="comContactL01"] 付帯する作業内容 外壁リフォームの際、工事に付帯する工事というものがあります。適切な工事を行い、効果を最大化するために必要な内容なので、費用が余計に発生してしまうということを覚えておきましょう。 シーリング打ち替え 下地補修 廃棄物処理 これらに費用が発生する理由についてお話ししていきたいと思います。 シーリング打ち替え 外壁塗装でも、劣化が激しい場合はシーリングを打ち替えて振動対策が必要になります。この工程を抜いてしまうと、せっかくの新しい塗膜にまで被害が発生してしまうのです。部分的な日々だからという理由で、ひび割れ箇所だけにシーリングを増し打ちするという場合もありますが、周辺はすでに劣化が進んでいるため、同時に打ち替えすることをおすすめします。 また、シーリング材が最新のものになることで、長寿命化している塗料とのバランスも取れるようになります。シーリング材だけを後から打ち替えるという作業はしないため、もし打ち替えをせずに塗り替えだけをしてしまうと、後から同じ工事を依頼し直さなければならなくなるのです。 ▼合わせて読みたい▼ 屋上の防水で雨漏り対策!塗装やシーリングの費用相場 下地補修 外壁材に見られる劣化は、リフォーム時に対策しなければなりません。クラックが入っていれば、被害が広がらないように進行を食い止める処置が必要になる上に、対策だけで足りなければ交換も必要です。下地がダメなら、上にどれだけ優秀な塗料を塗ったり対策を施したりしても意味がないのです。 シーリングの打ち替えも同じですが、外壁材そのものに発生しているトラブルは確実に対策を講じなければいけません。 [myphp file="comContactL01"] 廃棄物処理 外壁をリフォームする際、廃棄物が発生するケースでは適切に処理をしなければなりません。例えば、アスベスト系の材料を使用している場合では、しっかりと分別を行わなければなりません。 金属と可燃ごみの仕分けはもちろんですが、全てを産廃に回すような処理の仕方では、SDGzが騒がれる昨今の情勢に合いません。そのため、できる限り分別をしなければならないのです。 塗装工事の相場価格 外壁塗装を行う場合、塗り替えの周期や、外壁材の耐用年数を気にしなければなりません。下表は一般的な耐用年数と施工周期です。 外壁材の種類 外壁材の耐用年数 塗装工事周期 モルタル 30年以上 10年 窯業サイディング 35年以上 10〜15年 金属サイディング 35年以上 10〜15年 樹脂系サイディング 40年以上 不要 ALC 50年以上 15〜20年 外壁タイル 補修すれば半永久的 不要   これらの施工周期に合わせて、30坪(約100㎡)の一般的な戸建て住宅では「約50〜100万円程度」の工事費用が発生します。この金額には足場等の付帯工事費用も入っています。 カバー工法の相場価格 カバー工法を施す際は、材料に「ガルバリウム鋼板」を用いた金属サイディングを用いるのが一般的です。軽量で長寿命な外壁材です。 外壁材の種類によって、施工後の耐用年数に差が出るということもなく、重ね張りすることで長期間建物へのトラブルが解消できるのでおすすめです。施工後は約20〜30年の耐用年数を誇るので、適宜外壁塗装を施して必要な対策を講じるようにしましょう。 カバー工法を施す際にも足場は必要で、30坪(約100㎡)の一般的な戸建て住宅では「約150〜300万円程度」の工事費用が発生します。カバー工法を必要とする壁面の広さによって工事期間が左右されますが、建物全てを重ね貼りするようなケースでは2週間前後の工事期間が必要とされることが多いです。 [myphp file="comContactL01"] 張り替え工事の相場価格 外壁材を張り替えるということは、全ての壁を一度剥がして作り直すことを意味します。構造躯体こそ使い回しですが、ほぼ立て直しと同じ工事内容です。その代わり、窓を増やしたり明かり取りを作ったり、窓位置を移動するようなこともできるので、住みやすさを追求できる工事になります。 当然工事期間は長くなる上に、費用も段違いに高くなることは間違いありません。ただし、建物を建て直すよりかはコストを抑えられるので、劣化が進んでしまって対策を講じたいという場合には良い選択になるケースも出てくるでしょう。 一般的に、外壁材を張り替える場合にはサイディングを用いることが多いです。より高級で長寿命な外壁タイルなどに変更する場合もありますが、サイディングの種類が増えたことで予算に合わせた材料を使えるようになっています。 サイディングの種類 1㎡あたりの材料費 窯業系 3万円前後 金属 3.5万円前後 樹脂系 2.5万円前後 木質系 4万円前後   一般的には窯業系サイディングを用いることが多いですが、断熱性等を重視する場合には金属サイディングを選ぶ施主様もいます。材質の質感を重視する方は木質系を選ぶこともありますが、定期メンテナンスが他のものより手がかかるようになるでしょう。 全面張り替えをする場合「約200〜400万円」の費用が発生します。破壊した既存の外壁材の処分費用等も合わせた金額です。 外壁リフォームなら色彩デザインにご相談ください! 外壁リフォームの値段は、工事の内容によって差が出てきます。塗り替えは比較的安価で終わりますが、下地の処理等も必要になるため、定期メンテナンスを怠らないようにしましょう。 カバー工法で対処する場合は、施工後のメンテナンスが重要になり、張り替えをする場合には工事費用が高額になるということを覚えておきましょう。 外壁リフォームをお考えで費用に関してご心配ならば、ぜひ株式会社色彩デザインにご相談ください!当社では、外壁や屋根の劣化診断のプロ「外装劣化診断士」が在籍しております。劣化した原因の追求や適切な対処方法をご提案させていただきます。遠慮なくご相談くださいませ! あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! [myphp file="comContactL01"] ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年04月07日 更新 詳しく見る
外壁リフォーム費用に関してお役立ちコラム外壁塗装・屋根塗装
外壁塗装の不思議|外壁の塗り替え費用以外の費用って何?

外壁塗装の不思議|外壁の塗り替え費用以外の費用って何?

飯能市、坂戸市、日高市の皆様こんにちは!!  外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! 代表取締役の小久保です! 外壁塗装をする際、工事にかかってくる費用は材料費だけではありません。他にも「工事に必要な料金」というものが発生しています。これらを把握しておくことで、見積書を確認した際の「なぜ?」を解決できるようになるでしょう。 今回の記事では「外壁の塗り替え費用以外の費用」についてご紹介していきます。さらに、費用を抑えて外壁塗装をする方法についてもご紹介します。 ▼合わせて読みたい▼ 驚きの価格差を解明!地域別外壁塗装の費用相場完全ガイド [myphp file="comContactL01"] 外壁塗装で塗り替え費用以外に発生する費用 外壁塗装で、メインの工事費用以外の部分で発生する費用について考えてみましょう。 水道代 電気代 駐車料金 産廃処理費用等 これらは、ほとんどの現場で発生する「工事以外の費用」になります。それぞれがなぜ発生するかをご紹介します。 外壁塗装で塗り替え費用以外に発生する費用①水道代 外壁塗装を依頼すると、必然的に発生する料金に「水道代」があることを覚えておきましょう。なぜなら「外壁塗装時に高圧洗浄をしなければならない」からです。この高圧洗浄の有無によって、外壁塗装の寿命が大幅に変わってしまうのです。 現在、どの外壁塗装業者に依頼した場合でも、高圧洗浄はセット工事となっています。塗料の耐用年数が15年あったとしても、施工面が最適な状態にできないのであれば、数年以内に再施工が必要になってしまうのは明らかです。そのため、下準備として高圧洗浄は必須工程だと考えられています。 一般的な戸建て(30坪=約100㎡)を全面高圧洗浄で汚れを洗い流した場合、およそ8,000リットルの水を使用します。これは、4人で暮らす一般家庭の半月ほどの水道使用量に相当する量ですが、料金に換算すると「2,000円前後」です。 使用機材が最新のものになると、少ない水量を高圧で噴射できるようになります。ただし、洗浄に必要なのは圧力だけではなく「洗い流す」という効果であるため、ここで使用する水量を減らしてしまうと、せっかく洗い流している汚れが外壁の縁に止まってしまう可能性があるのです。 つまり「水の使用量を減らしてしまうことが仕上がりを悪くしてしまう」ということを覚えておきましょう。 工事費用が高額となるため、水道代を節約して欲しいという声もありますが、ここで発生する「2,000円」ほどの水道料金を削減することで、100万円単位の工事料金が数年早い時期に発生してしまう可能性が出てしまいます。 水道料金はケチらないことをおすすめします。 [myphp file="comContactL01"] 外壁塗装で塗り替え費用以外に発生する費用②電気代 日中作業なので、照明器具に電気を使用するということはありません。基本的に以下の作業に電気を使用しています。 吹付け塗装作業 攪拌作業 ケレン作業 これらの作業を行う場合、現地で電気を使用する場合があります。その際、電気料金は施主様側に請求が発生するでしょう。もしくは、発電機を使用して作業をする場合もあり、この時は業者が燃料代を負担することが一般的です。 電気代の負担までしたくないという声もあるので、コンセントから電気を使用する場合、発電機を使用する場合のメリットとデメリットを把握しておいてください。 まず、発電機を使用した場合のメリットですが「施主様に電気代の負担がない」という点につきます。しかし、このメリットを享受するには「騒音」という大きな問題があることを覚えておきましょう。 騒音が少ない発電機も出てきましたが、効率や業者の所持設備は常に最新のものが用意されているわけではありません。SDGzの観点からも、まだまだ使用できる設備を廃棄して最新設備に入れ替えるというのは得策とは言えません。そのため、現在業者がメインで使用する発電機は、騒音対策が十分ではない場合があるのです。 昨今の電気代高騰が問題点ですが、全工程を通して発生する電気料金は「1,000円前後」です。そのため、近隣への騒音を配慮したい場合には、コンセントからの給電も検討してみてください。 駐車料金 外壁塗装時の駐車料金は、作業車両にかかるものではありません。足場の組立・解体時や、塗装当日の被害を受けないために、施主様の車両を移動してもらわなければならないことがあり、その際に発生する料金になります。 作業をしない時間帯であれば、車両を敷地内に戻していただいて構わないのですが、作業中は被害発生防止の観点から、敷地内から車両を移動してもらわなければならない場合があるのです。 [myphp file="comContactL01"] 費用を抑えて外壁塗装をする方法 工事費用以外の費用が発生する点については、大幅な費用負担ではないことが分かりましたが、肝心の工事の方では大きな費用負担が発生します。ここをできる限り節約するにはどうすれば良いかをご紹介しましょう。 やり方次第では、持ち出し資金を大幅に削減することができるかもしれません。 火災保険を使う 火災保険を使用して外壁塗装や屋根塗装を見直すことができる場合があります。一般的な工事の場合、火災保険を適用することは難しいのですが、一定条件を満たしている場合には保険適用できる場合があるのです。 ▼合わせて読みたい▼ 火災保険を上手に使う外壁塗装 ローンを組む 工事費用自体を目減りさせる方法ではありませんが、ローンを組むことで費用を抑えることができることも覚えておいてください。 ローンは負債だと決めつけるのではなく、ローンを使ったからこそ受けられる恩恵を知っておけば、外壁塗装や屋根塗装がもっと身近なものになるはずです。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装でローンが使える?メリットとデメリットをご紹介! 火災保険を使って外壁塗装をする方法 火災保険を使用するには、一定の条件を満たしていなければなりません。この「条件」さえクリアできれば、費用負担を大幅に減らすことができるでしょう。 ポイントは「タイミング」です。 火災保険が適用できる条件 火災保険は「自然災害による被害」を補償する商品です。そのため、施主様の個人的な感覚で使用できるものではありません。つまり「自然災害」という条件をクリアできれば、火災保険を使用できるということになります。 また「被害発見から3年以内」という条件も付帯するので、この2点を満たせば火災保険を使用することができるのです。 火災保険を利用する際の注意点 火災保険を使用する際、間違っても「外壁塗装や屋根塗装をしたい」という点を主張するのはNGです。これらの工事は「経年劣化」を対象とする工事のため、火災保険の使用目的に該当しません。 正確に言えば「自然災害での被害を原状回復をさせる」というものになるため、そもそもの状態異常にはならないことを覚えておきましょう。 ただし、屋根からの雨漏りを補修するようなケースであれば、被害状況によっては全面改修しなければならないこともあるため、免責費用の負担だけで完全に屋根が新しくなるというケースもあります。これは外壁にも該当します。 ローンを組むメリット ローンは負債です。この本質は変えられません。しかし、ローンを組むことで得られる「住宅ローン控除」というものがあることを覚えておきましょう。工事費用は減らせませんが、所得税控除を受けることで、施主様の負担を減らすことになるのです。 確定申告の際、住宅ローンやリフォームローンを活用して建物の健全化を図ったことを提示することで、所得税控除を受けることができます。詳しい内容は「一般財団法人 住宅リフォーム推進協議会」が公開しているのでご覧ください。 ローンの注意点 住宅ローンやリフォームローンであれば、どんな物でも構わないというわけではありません。しっかりと「国が認めている金融機関」でローンを組む必要があるので、間違っても消費者金融等の借入をしないようにしましょう。 基本的には以下のような金融機関が対象となっています。 メガバンク 都市銀行 地方銀行 信用金庫 住宅金融公庫 一般的な認識で「銀行」と言われる部類の金融機関を使用しましょう。まだ国としては「インターネットバンク」を認める方向にはなっていないため、有店舗型の金融機関を使用することをおすすめします。 塗り替えコストを抑えたいならば色彩デザインへご相談ください! 今回のお役立ちコラムでは、外壁の塗り替え費用以外の費用が発生することをご紹介しましたが、場合によってはこれらの費用を割引してくれるようなサービスを行なっている業者もあります。 ただし、元の工事費用が高額であるために値引きできるというケースがほとんどなので、値引きというキーワードだけで飛びつかないように注意しましょう。 また、工事費用を抑える方法、ローンによる控除を受ける方法で外壁塗装の負担を減らすということも検討してみてください。単純な工事費用を減らすだけが全てではありません。 外壁塗装や屋根塗装、リフォーム全般に言えるのが「トータルコストをどれだけ減らせるか」が重要になってきます。1回の工事費用が割高だったとしても、どれだけ無駄な工事を排除できるかを考えてみましょう。 人生で何度同じ工事しなければならないか 工事費用を抑えたことで耐用年数が減らないか これらをよく考えた上で外壁塗装を依頼する業者を選びましょう。 株式会社色彩デザインでは、これまで数多くの外壁塗装工事、屋根塗装工事などを手掛けてきました。実際に多くのお客様から塗装費用に関するご相談やご要望を受け、お客様のニーズに合わせた工事を行った経験もございます。 お金がないから外壁塗装はしないのではなく、長期的にお住まいを守るため、長期的に見てお得な塗装工事をするためにも、費用のご相談や塗り替えのご相談はぜひ当社にお寄せください! [myphp file="comContactL01"] ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年04月07日 更新 詳しく見る
費用に関してお役立ちコラム外壁塗装・屋根塗装
2024年最新版|外壁塗装に使える補助金情報

2024年最新版|飯能市で外壁塗装に使える補助金情報

飯能市、坂戸市、日高市の皆様こんにちは!!  外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! 代表取締役の小久保です! リフォームは、補助金を有効活用して、家主自身の負担を減らすことをおすすめしています。そして、これは地方自治体や国も推奨している方法なので、活用しないのはとても損です。 今回の記事では「飯能市で外壁塗装に活用できる補助金はあるのか」という点についてみていこうと思います。 [myphp file="comContactL01"] 2024年4月時点で飯能市が用意している建設系補助金情報 2024年4月現在、飯能市ではいくつかの建築系補助金の用意があります。 新規で作られたものや、年間を通して常に対応している補助金もあるので、どんなリフォームをしようとしているかに合わせて活用してみましょう。 飯能市住宅リフォーム事業補助制度 飯能市では「飯能市住宅リフォーム事業補助制度」を毎年行っています。まだ2024年度はスタートしておりませんが、例年4月に受付を開始することがわかっているため、2023年度の要項を確認して準備を始めておくことをおすすめします。 対象工事 可否 備考 外装工事 屋根改修、雨樋設置・改修 ◯ 塗装工事含む 外壁改修 ◯ 塗装工事含む 雨戸設置・改修 ◯ 電動雨戸含む サッシ設置・改修 ◯ 既存 ウッドデッキ、バルコニー、テラス 改修 △ 建物と一体になっていないものは 対象外 玄関ポーチスロープ、手すり 設置・改修 △ 建物と一体になっていないものは 対象外 内装工事 内壁・天井改修 ◯ 床板改修 ◯ 畳改修 ◯ 間取り変更 ◯ 建具設置・改修 ◯ 張り替えも対象 カーペット設置・改修 △ 床に置くだけは対象外 バリアフリー改修 △ 建物と一体になっていないものは 対象外 カーテン・ブラインド 設置・改修 △ カーテンレールボックス等の設置、改修工事のみ対象 (カーテン等本体のみは対象外) その他 断熱材充填工事 ◯ 土台、基礎工事 ◯ 防水工事 ◯ 住宅一部解体費用 △ 補助対象工事に係る解体は対象   上表に記載したもの以外にも、以下の内容が適用されます。 設備工事 外構工事 より詳細な情報を確認したい場合は、こちらの「飯能市住宅リフォーム事業補助金 対象工事等一覧表」をご覧ください。 西川材使用住宅等建築補助金 この「西川材使用住宅等建築補助金」は、飯能市が毎年継続している補助事業になります。そのため、申請期限は設けられていません。 交付対象は以下の条件を満たしている場合になります。 飯能市内に居住または営業される方の住宅・店舗等であること 飯能市内の事業者により西川材が納入されること 飯能市内産の木材を規定量以上使用していること     外壁工事で使用する場合、以下の条件で補助されるので覚えておきましょう。 ①構造材等 ②内外装材 算定対象使用量 1〜5m3以内 5〜50m2以内 補助単価 20,000円/m3 2,000円/m2 補助金額 ①+②の合計額 最大200,000円 ①+②の合計額 最大200,000円   より詳細な情報を確認したい場合は、こちらの「西川材住宅等建築事業補助金」のパンフレットをご確認ください。 木造住宅の耐震改修補助金 外壁塗装は対象となりませんが、木造住宅の耐震工事を行う際に活用できる補助金があります。その際、建て替えを伴う場合「昭和56年5月31日以前」に作られた建物であれば、こちらの補助金で対応することができます。 その際、建て替え費用の一部を補助してもらうことで、外壁塗装に回す費用を捻出できるようになるでしょう。 建て替えをする場合、以下の条件を満たしている場合に活用できます。 (1)市内にある木造住宅で、昭和 56 年 5 月 31 日以前に工事に着手した  1一戸建て住宅 2店舗等の併用住宅(延べ面積の 2 分の 1 以上を居住の用に供するものに 限る。) 3長屋住宅(延べ面積が 500 m²以内のものに限る。)※昭和 56 年 6 月 1 日以降に改築されたものは対象外となります。 ※建築基準法の規定に違反していることが明らかなものは対象外となります。 (2)在来軸組構法、伝統的構法、又は枠組壁工法によって建築されたものであること (3)地上 2 階建て以下であること (4)財団法人日本建築防災協会の「木造住宅の耐震診断と補強方法」又はこれと同等の耐震診断方法により耐震診断を実施し、上部構造評点が 1.0 未満と 判定された建築物 ※ 既に着工したもの(解体工事を含みます)は補助の対象外となりますのでご 注意ください。   また、補助額は以下のように定められています。 補助対象建築物 1 棟につき、建て替え工事に要した費用の 23%以内(1,000 円未満切捨て)。ただし、限度額は次のとおりとします。 市内業者が施工する場合:40万円(※) 市外業者が施工する場合:30万円  ※解体工事と建築工事が別契約の場合は、いずれも市内業者の場合に限ります。   施工事業者がしないの業者でない場合、10万円ほど低くなることを覚えておいてください。 より詳しい情報は「木造住宅の 『耐震診断』『耐震改修』『建替え』『除却』 補助金交付制度のご案内」をご確認ください。 木造住宅の耐震診断補助金 上記の「木造住宅の耐震改修補助金」と同時に、耐震診断に対しても補助が出ます。補助条件は同じですが、補助金額が異なるため、下表でご確認ください。 補助対象建築物1棟につき、耐震診断に要した費用の3分の2以内(1,000円未満切捨て)   ※ただし5万円を限度額とします。   より詳しい情報は「木造住宅の 『耐震診断』『耐震改修』『建替え』『除却』 補助金交付制度のご案内」をご確認ください。 国が支援する2024年度の建設系補助金 2024年3月1日より、国土交通省、経済産業省及び環境省の3省が合同で行う補助事業 「住宅省エネ2024キャンペーン」 がスタートしています。 住宅省エネ2024キャンペーン 住宅省エネキャンペーンは、毎年「国土交通省、経済産業省及び環境省」の3省が合同で行なっている補助事業です。 補助事業名称 補助対象 対象者 子育てエコホーム支援事業 注文住宅新築 新築分譲住宅購入 リフォーム 建築主 購入者 工事発注者 先進的窓リノベ2024事業 開口部(窓)断熱改修 工事発注者 給湯省エネ2024事業 新築注文住宅 新築分譲住宅 既存住宅リフォーム 既存住宅購入 住宅の建築主 住宅の購入者 工事発注者 住宅購入者 賃貸集合給湯省エネ2024事業 - 賃貸集合住宅オーナー 給湯器設置工事発注者   外壁塗装を主体とした補助金はありませんが、「子育てエコホーム支援事業」であれば、エコ住宅用のリフォームが可能です。 子育てエコホーム支援事業補助内容 補助対象 子育て世帯・若者夫婦世帯 その他の世帯 リフォーム 上限30万円/戸 上限20万円/戸 既存住宅の購入を伴う場合 上限60万円/戸 上限60万円/戸 長期優良住宅のリフォーム 上限45万円/戸 上限30万円/戸 補助金の申請方法 補助金を申請するおおまかな方法をご紹介します。 制度の確認 どの補助事業が使えるかを確認しましょう。適用できるものとできないものがあるため、これから行いたい工事内容に照らし合わせて決めましょう。 わからない場合は、リフォーム業者にも確認することをおすすめします。 見積作成 補助金の申請には「見積書」が必要です。 誰が どんな工事を どの規模で いくらで いつまでに これらの内容がわからないと、補助金を申請できません。 ①まずはリフォーム業者に「補助金を使いたい」という意思を伝えましょう。 ②そして、必要な書類を揃えることが重要です。 申請書提出 申請書を作成し、必要書類を全て不備なく揃えた状態で申請してください。もしミスがあると、チェック後に再提出を求められてしまいます。このチェックは先着順に進んでいくため、提出が遅くなるほどチェックが遅くなります。 そして、補助金によっては正しく申請できた先着順で進んでいくものもあるため、ミスすることで補助を受けられなくなる場合もあるのです。絶対にミスがないようにしましょう。 審査・承認・着工・確認 書類の審査が終わり、問題なく補助金を発行できると判断された場合、承認通知が届きます。承認が降りる前に着工してしまうと、補助の対象外になる場合があるので注意しましょう。 工事が完了した後も、完了審査があります。その際も申請書類があり、業者が適切に準備してくれるでしょう。後日、担当審査官が現場を確認して完了です。 着金 着金には数日から数ヶ月かかります。完了審査に合格していた場合でも、入金処理は別の担当が行うため、これも順次進んでいくので、入金されるまで待ちましょう。 補助金を活用したリフォームなら色彩デザインにおまかせください! 飯能市で外壁塗装を行う際は、住宅リフォーム事業補助制度の開始を待つことをおすすめします。毎年行われている補助事業なので、4月1日に2024年度の補助内容が工事されるはずです。 他の補助金を活用することで、別の工事にも対応することができます。今必要な補助金がどれなのかをしっかりと理解した上で、施工業者と相談しながら補助金の申請をしてみてください。 株式会社色彩デザインは今回ご紹介した『住宅省エネ2024キャンペーン』の補助金対象登録事業者です。埼玉県内において、『住宅省エネ2024キャンペーン』を活用される場合、当社にご依頼していただければ、補助金の申請が可能です。 お得なリフォーム工事をご検討中ならば、ぜひ当社にご相談ください! [myphp file="comContactL01"] ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年04月07日 更新 詳しく見る
費用に関して飯能市地域
外壁塗装で騙された!?訪問販売で即時契約してしまった時の契約解除方法|違約金なしで契約解除しよう

外壁塗装で騙された!?訪問販売で即時契約してしまった時の契約解除方法|違約金なしで契約解除しよう

飯能市、日高市の皆様こんにちは!!  飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! 代表取締役の小久保です! 外壁塗装業者が増えているため、どこに頼めば良いかわからなくなってきています。そんな中、突然良い条件で外壁塗装をしないかと誘惑されて、タイミングも良かったので契約してしまうという被害が多く発生していることを覚えておきましょう。 外壁塗装は、基本的に訪問販売で即契約させることはありません。しっかりと調査をして、どれくらいの被害があるかを確認してからの契約になります。 今回のお役立ちコラムでは「もし訪問販売で外壁塗装を即時契約してしまったら」についてお話ししていきたいと思います。適切に対応すれば、違約金を支払うことなく契約解除できるはずです。 ▼合わせて読みたい▼ 屋根や外壁の悪質業者に要注意!困ったときは有資格業者「色彩デザイン」へお電話ください! [myphp file="comContactL01"] 訪問販売の外壁塗装にはご用心 最初にお伝えしますが、正規業者として外壁塗装を行なっている場合、営業こそしても「その場で契約させることはない」と覚えておいてください。なぜなら、どれだけの被害が出ているか確認もしないで、正しい見積もりは出せないからなのです。 軽く調査したくらいで見積もりが出るほど、外壁のダメージの深さは簡単なものではありません。しっかりと表面の劣化具合を確認し、どこにどれくらいのひびが入っていて、シーリングの劣化具合なども確認しなければならないのです。 また、同時に屋根の劣化状況や樋の状況、雨漏りの有無などもチェックしていけば、かなりの時間がかかるのが一般的です。いきなり訪問して「この状況であればいくら」なんて適当な見積もりは行わないことを覚えておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁診断士や雨漏り鑑定士との違い 雨漏り鑑定士とは?雨漏り修理を確実なものにするためのアドバイザー「雨漏り鑑定士」 訪問販売はクーリングオフ適用可能 通常の外壁工事の契約の場合は別ですが、訪問営業にきた時に契約した外壁工事に関しては「訪問販売」に該当します。そのため、この契約は「クーリングオフ制度」によって契約解除することが許されていることを覚えておきましょう。 クーリングオフ制度とは? クーリングオフ制度とは「消費者が冷静に判断した結果、契約を無効にしたい」という主張を無条件で適用できるという制度になります。ただし、クーリングオフ制度が適用される取引にも種類があるため、全ての取引で制度を活用できるわけではありません。 また、クーリングオフ制度は「特定商取引法」によって定められた消費者のための制度であることも覚えておきましょう。 クーリングオフ制度が適用される取引 ・訪問販売 ・電話勧誘販売 ・特定継続的役務提供 ・訪問購入 ・連鎖販売取引 ・業務提供誘引販売取引 クーリングオフできる条件 クーリングオフ制度適用には、一定の条件を満たしている必要があります。 ・上表によって結んだ契約 ・契約日から8日以内もしくは20日以内 ・クーリングオフによる契約解除通知を書面または電磁的通知による手続きで行った場合 過去、クーリングオフの通知は書面による方法しか認められませんでしたが、2022年6月1日より電磁的通知も適用の対象になっています。電磁的通知とは以下のような方法です。 ・電子メール ・USBメモリ等の記憶媒体 ・業者のホームページにあるクーリングオフ通知専用フォーム ・FAX 電話による通知は、クーリングオフに対する証拠が残らないため適用外です。そして、契約を結んだ日が「1日目」として取り扱われるため、契約後8日ではなく「契約日を含めた8日以内」の申請が必要であることを覚えておきましょう。 [myphp file="comContactL01"] 8日以内の期限を過ぎてもクーリングオフできる場合がある 通常のクーリングオフ制度は「契約を結んだ日を含めた8日以内」にクーリングオフの申請が必要です。しかし、一定条件を満たしていない契約の場合、8日以内ではなく「20日以内」の申請が許されています。 8日以内の期限を過ぎてもクーリングオフできる場合①|契約書の不備 契約書内にクーリングオフ制度に対する注意書きや、適用条件などを明記していない契約の場合、正しい契約書として扱われません。そのため、この契約は不正に執り行われた契約だと判断されるのです。 実際には、クーリングオフ制度に対する要項を「赤字」で明記し、一定期間であれば契約解除できる旨を「誰が見ても把握できる」状態にしなければならないのです。 8日以内の期限を過ぎてもクーリングオフできる場合②|虚偽の説明義務違反 クーリングオフ制度の適用ができる契約にも関わらず、制度活用はできないという嘘を伝えて執り行われた契約は、消費者の不利益としてみなされます。そのため、契約内容が履行されていたとしても、20日以内であればクーリングオフできるのです。 もし虚偽説明による契約で不利益を被った場合、その業者を「詐欺」として刑事告訴することも可能です。 [myphp file="comContactL01"] 8日以内の期限を過ぎてもクーリングオフできる場合③|強迫行為 業者が、クーリングオフをさせないよう威圧的に契約した場合、8日以内という限定が20日に延長されます。 クーリングオフできない場合もある 全ての契約でクーリングオフできるわけではありません。クーリングオフの対象は、上表でご提示した通りの契約方法なので、他の契約の場合にはクーリングオフは適用されません。 以下の3つのパターンで契約した場合はクーリングオフが適用されないため注意が必要です。 来店して契約した場合 金額的な問題:3,000円未満の場合 正規契約後の期限切れ:契約日を含めた8日以内を超えた場合 クーリングオフできない場合①|来店して契約した場合 訪問販売ではなく「来店」して契約した場合、そもそも契約者にはその契約を結ぶ意思があったことがわかります。訪問販売の場合、言葉巧みに誘導されたことで契約してしまったという可能性がありますが、自ら訪問しているということは、自主的に結んだ契約だということが明確にわかるわけです。 [myphp file="comContactL01"] クーリングオフできない場合②|金額的な問題:3,000円未満の場合 契約内容が3,000円未満の場合、サービスに対する価値が認められません。また、消費すると価値がなくなる場合にはクーリングオフが適用できません。 例えば、健康食品のように食べてしまうと価値がなくなるものに対しては、クーリングオフできません。化粧品・洗剤なども同様です。 クーリングオフできない場合③|正規契約後の期限切れ:契約日を含めた8日以内を超えた場合 一般的に、適切に行われた契約の場合はクーリングオフできる期間は「契約日を含めた8日以内」です。これを過ぎた場合は、クーリングオフの対象外になります。 万が一認識が「契約日を含めない8日」だったとすると、契約後8日という認識となってしまい、実際には「9日以内」という理解をしていることになるので、しっかりと間違いを正しておきましょう。 「契約日を1日目」として考えて「契約後7日以内」がクーリングオフできる期限です。 クーリングオフ後の違約金について クーリングオフが成立したら、その後は以下に挙げるような内容が認められます。 ・契約は解除される・既に支払った金額は全額返金される・契約書に「キャンセル料」や「違約金」について記載されていても、支払う必要はない・外壁塗装やリフォーム等の場合は、無料で原状回復するように業者に求められる 原状回復とは、施工前の状態に戻すことを指します。契約の解除や返金だけでなく、契約書を受け取った日から8日目以内に工事が始まっていたとしても、工事前の状態まで戻すのが業者に課せられている義務です。 [myphp file="comContactL01"] 悪質な訪問販売業者と契約してしまった!もしくは来て困っているという場合は色彩デザインにご相談ください! 外壁塗装を訪問販売で即時契約してしまった場合は、一旦冷静に考え直し、実際には必要ないと判断できた場合には「クーリングオフ制度」を活用して契約解除しましょう。その際、守らなければならない期日があることも忘れないでください。 一般的な契約であれば「契約日を含めた8日以内」で、契約に不備や虚偽の内容があった場合には「契約日を含めた20日以内」のクーリングオフ申請を行うことで、違約金を支払うことなく契約解除に至れます。 また、すでに工事が進んでしまっていた場合でも、元に戻すのは業者の義務です。しっかりと原状回復してもらいましょう。 外壁塗装を検討している場合は、訪問販売ではなく「業者に直接依頼」してください。その際、しっかりと予算に合わせた内容で見積もりを出してくれる業者を選ぶことをおすすめします。 もし悪質な訪問販売業者が来訪して困っているならば、警察に相談し、その後はぜひ当社株式会社色彩デザインにご相談ください。当社には外装劣化診断のプロである「外装劣化診断士」の有資格者や雨漏り診断のプロフェッショナル「雨漏り鑑定士」が在籍しております。 正しい診断とわかりやすい説明で、あなたの不安を払拭いたします。 あなたからのご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! [myphp file="comContactL01"] 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年03月15日 更新 詳しく見る
費用に関して修理業者の選び方塗装業者の選び方選び方お役立ちコラム外装劣化診断雨漏り診断
飯能市在住のみなさん必見!外壁塗装の費用相場と賢い選び方

飯能市在住のみなさん必見!外壁塗装の費用相場と賢い選び方

飯能市、日高市の皆様こんにちは!!  飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインです! 代表取締役の小久保です! 💬「飯能市で外壁塗装がしたいけど、相場ってどれくらいなんだろう?」 💬「飯能市の外壁塗装相場って高いのかな?安くできる業者の選び方が知りたい!」 飯能市にお住まいのみなさん!外壁塗装の相場が気になっているならば、まずは相場が変動する理由について知っておきましょう。 相場が高くなる原因がわかれば、事前に対策をうつこともできます。 ちなみに、飯能市で外壁塗装をする場合の費用相場は、80~200万円ほどになります。 数十万から数百万円という振れ幅の広い相場となっていますが、これも相場変動の原因が関係しているのです。変動理由を知っておくと、提示された費用への冷静な判断ができるようになりますよ。 できるだけ安く外壁塗装をするために、賢く業者を選ぶポイントについてもお話していきます!最後まで読むと、納得して支払いができる外壁塗装工事が叶いますよ。 [myphp file="comContactL01"] 【飯能市】外壁塗装相場が変動する理由 飯能市を含む外壁塗装において、相場が変動する理由はいくつか存在します。 塗装内容 気候条件 塗装時期 外壁塗装相場が変動する理由①塗装内容 塗装内容は費用の変動に大きく関係しています。中でも、塗料自体の種類は大きな要素です。耐久性や特性に秀でた高級塗料を選ぶか、標準的な塗料でコストを抑えるかによって、価格は大きく変動します。また、塗装をする家の構造や外壁の面積によっても、必要な塗料の量が変わり、費用に反映されます。 ▼合わせて読みたい▼ 色彩デザインの塗料に関する記事一覧 外壁塗装相場が変動する理由②気候条件 地域特有の気候条件も無視できません。強い日差しや激しい温度変化、海沿いの住宅では塩害など、外壁を守るための特別な加工が必要な場合はその分コストが上がります。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装の寿命を延ばす!耐用年数の目安とメンテナンステクニック|坂戸市・飯能市密着の外壁塗装専門店色彩デザイン 外壁塗装相場が変動する理由③職人の技術力 施工をする業者の技術力や信頼性も影響します。熟練の職人がいる業者は価格が高めになりますが、その分、仕上がりの質が保証されることが多いのです。国家資格である「塗装技能士」の資格をもっている職人がいれば、安心してまかせられます。 ▼合わせて読みたい▼ 屋根や外壁の悪質業者に要注意!困ったときは有資格業者「色彩デザイン」へお電話ください! [myphp file="comContactL01"] 外壁塗装相場が変動する理由④塗装時期 繁忙期か閑散期かによっても相場は変動します。外壁塗装に最適とされる春や夏は、需要が高まるため忙しくなります。業者の手が不足すれば、価格が上昇することもあるのです。 逆に、冬場などのオフシーズンには需要が低下し価格が下がる傾向にあります。積雪の多い地域では冬場の外壁塗装は厳しいですが、雪や雨、風が少ない地域であれば狙い目です。飯能市にお住まいならば、冬の塗装を検討してみるのもおすすめです。 ▼合わせて読みたい▼ 冬の塗装工事は賢い選択?適切な時期と条件次第ではメリットになるケースも! 飯能市で外壁塗装をするなら費用相場より見積書! 外壁塗装をできるだけ安くおこなうならば、見積書は必須です。見積書は、施工内容や使用する塗料など外壁塗装について詳細に書かれたものです。 見積書を作成するためには、住宅の状況や外壁の劣化診断などで判断して、最適なプランを導き出す必要があります。そのため、見積書を作成するにあたって現場調査をしてもらう流れになります。 現状を把握した状態で、必要な施工プランを立てていくため、見積書はあなたの住宅の相場といえるのです。 費用相場をインターネットで調べて、高い安いと一喜一憂しているならば、まずは見積書で現状把握をしましょう! 外壁塗装の見積書は比較で検討 見積書をもらう場合は、1社だけでなく3社以上の業者に依頼しましょう。見積書は1社のものだけでは適切なプランや料金かどうかの判断がつきにくいものです。 比較をするからこそ、A社とB社の違いがわかり、提案された施工プランにも業者の特徴が垣間見えることでしょう。つまり、比較をするからこそ、最適な業者を見つけることができるのです。 安さだけでなく、施工内容や保証など総合的なコストパフォーマンスを見て判断してくださいね。 ▼合わせて読みたい▼ 塗装屋さんの見積書を徹底解析!外壁や屋根を塗装する際の見積りチェック項目 [myphp file="comContactL01"] 【飯能市民必見!】外壁塗装業者の賢い選び方 仕上がりに満足できる外壁塗装業者の賢い選び方についてお話していきます。飯能市民も必見なポイントなので、ぜひ業者選びに活かしてくださいね。 賢く業者選びをするなら、以下の5つのポイントをチェックしましょう。 ✅見積書がわかりやすい ✅地元密着でサービス展開をしている ✅コミュニケーションがとりやすい ✅満足できるトータルコスト ✅正式な契約書が作成できる 飯能市でコスパの良い塗装業者を選ぶポイント①|見積書がわかりやすい 見積書の内容がわかりやすく書かれている場合は、親切な業者といえます。費用の内訳も「一式」などでまとめずに、詳細に書かれているか確認してみましょう。見積書の判断については、複数の業者を比較することで明確になります。わからない部分は質問をして、丁寧に説明してくれるかどうかもチェックです。 飯能市でコスパの良い塗装業者を選ぶポイント②|地元密着でサービス展開をしている 地域密着でサービス展開をおこなっている業者はフットワークが軽い傾向にあります。距離が近いからこそ、いざというときにもすぐに駆けつけてくれるでしょう。地域密着であれば創業歴も長いところが多いため、年配のご近所さんからの評判を参考にして選ぶことも可能です。 飯能市でコスパの良い塗装業者を選ぶポイント③|コミュニケーションがとりやすい 話がしやすいかどうかは重要なポイントです。外壁塗装の色にこだわりたい場合はとくに業者と綿密な話し合いをしたうえで、理想の色味を実現してもらわなければなりません。「こわそうな人だから話しかけづらい」「話しかけるなオーラがでていて近寄りづらい」こんな風に感じる業者では、意思の疎通は難しいです。話がしやすい、話しが通じると思う業者を選ぶとスムーズです。 [myphp file="comContactL01"] 飯能市でコスパの良い塗装業者を選ぶポイント④|満足できるトータルコスト 外壁塗装は、塗装工事をするという初期コストだけではありません。塗装後に不具合が発生したり、施工不良で再度工事が必要になったりすることもあります。長期的に見て総合的なコストとして判断しましょう。保証がしっかりしている場合は、その分費用が加算されたとしても長い安心が確保できます。 飯能市でコスパの良い塗装業者を選ぶポイント⑤|正式な契約書が作成できる 契約をするときには、口頭での取り決めではなく正式に契約書を作成してくれる業者が安心です。契約書の内容はしっかりと読み、不明点は質問をしてクリアにしておきましょう。契約書に法的な保証があるかどうかも確認してくださいね。 【外壁塗装】費用の安さだけで判断すると失敗する 業者選びをするときには、見積書に記載された金額だけに惑わされないようにしましょう。見積書を比較すれば、費用の違いもでてくるでしょう。そ飯能市での費用相場が80~200万円と聞いていたから、それ以下の料金であれば「安い!」と飛びつきたくなるかもしれません。ですが、安いからという理由だけで選んでしまうと後悔する可能性があります。 💬「なぜこんなに安いの?」 💬「どんな塗料を使用しているの?もしかして安い塗料とか?」 💬「どんな保証がついているの?工事のすぐあとに塗装が剥げてきたら支払う必要はあるの?」 一度冷静になって考えてみましょう。悪質業者の場合は、大幅な値引きをして安くすることで、契約に結び付けるという手口もあります。金額に惑わされないことは身を護ることにつながるのです。ぜひ覚えておいてくださいね。 ▼合わせて読みたい▼ 屋根や外壁の悪質業者に要注意!困ったときは有資格業者「色彩デザイン」へお電話ください! 飯能市で外壁塗装をするなら色彩デザインへおまかせください! 飯能市での外壁塗装をご検討ならば、プロ集団が集う株式会社色彩デザインにお声がけください! 当社には、国家資格である「一級塗装技能士」の資格保持者が9名在籍しております!飯能市、坂戸市を中心に地域密着でサービスを展開し、ショールームも出店しております。 塗装のことを知っていただくために、塗り見本や資料も数多くご用意しました! 💬「塗装って結局どこに頼めばいいの?」と決めかねているなら、ぜひ一度塗装を身近に感じられるショールームにお越しください。小さな疑問もプロが丁寧にお答えいたします。 あなたからのご相談、ショールームへのご来店予約をスタッフ一同、心よりお待ちしております! [myphp file="comContactL01"] 坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザイン 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 2024年03月15日 更新 詳しく見る
費用に関して飯能市地域修理業者の選び方塗装業者の選び方選び方お役立ちコラム

外壁塗装でローンが使える?メリットとデメリットをご紹介!

埼玉、坂戸市、飯能市の皆さん! こんにちは。坂戸市、飯能市 外壁塗装、屋根リフォーム専門店の色彩デザインです。     「すぐにでも外壁塗装したいけど、まとまったお金がない…」 という場合には、リフォームローンで支払うという選択肢もあります。 外壁塗装はリフォームに該当するためリフォームローンを組むことが出来ます! ここでは、外壁塗装のローンに関してのメリット、デメリットについてお知らせします。 外壁塗装でローンをご利用でのお支払いにご興味をお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。 外壁塗装のお支払の仕方 外壁塗装工事費用のおもなお支払い方法は以下の2つです。 外壁塗装工事、着工後の一括払い 契約時か着工時に一部を、完工時に残金を支払う 外壁塗装工事は塗る面積や使用する塗料によって費用に差があるものの、数十万円~100万円以上かかるのが普通です。そのため、外壁塗装をするには前もって計画的に貯めておく事が重要なのです。 しかし、どうしてもお金が用意できない場合、役に立つのがリフォームローンです。 外壁塗装でローンを利用するメリット リフォームローンを利用すれば、手元にまとまった資金がなくても外壁塗装工事を依頼できます。 高額になりやすい外壁塗装の費用をすぐに捻出するのは、なかなか容易ではありませんよね。 実際に工事に必要なお金が貯まってから依頼しよう!と考える方も多いでしょう。場合によっては外壁塗装を後回しにしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。 現金一括払いで塗装工事を依頼する余裕があったとしても予期せぬ出費に備えるために、できるだけ資金は手元に残しておきたいとお考えになるでしょう。 そこで、リフォームローンの出番です。リフォームローンを活用すれば、手元に資金を残せるので、万が一の備えを削らずに済みます。 また、外壁塗装はやりたい時にやればいいという工事ではありません。 雨漏りやコンクリートの剥落、劣化が進んでしまっている場合には、すぐに工事する必要があります。 なぜなら建物自体の寿命を縮めてしまうことにもなりかねないからです。 劣化が加速的に進行し、建物の資産価値がどんどん失われていくことを考えると、ローンを利用して早めに対処しておけば家が長持ちし、結果的に費用を抑えることにつながります。 メリットまとめ 手元に資金がなくても外壁塗装ができる。 貯金を崩さず外壁塗装が出来る。 劣化が進んで費用がかさむのを防ぐ。 ハイグレードの塗料を選択できる。  外壁塗装でローンを利用するデメリット メリットもあれば、もちろんデメリットもあります。デメリットを受け入れられるかも考慮したうえで、リフォームローンを検討しましょう。 リフォームに限らずローンを組むと基本的に金利が発生するため、現金払いよりも総支払額が増えてしまう点はデメリットです。外壁の劣化を放置することで工事費用が膨らむことを考えれば、将来的にかかる工事費用を抑えられます。金利の負担は影響が少ないケースもあるでしょう。 ローンを組む際には、問題なく返済していけるかどうか、借入先から審査を受けます。職種や収入額など、人によってはローンを利用できないこともあります。ローンを組むときの年齢が高齢であればあるほど、返済期間が短く設定される場合があります。そのため、月々の返済額が高額になってしまう事もあります。 もし、退職後もローンの返済が必要になると、生活費が圧迫される事態になりかねません。ローンを組む際は返済期間と完済時の年齢に配慮して検討するようにしましょう。ローンは外壁塗装の工事を行う前に申請しなければなりません。工事の途中や後では融資を受けられないため、外壁塗装を検討中であれば早めにローンの申請について調べておく必要があります。 デメリットまとめ 金利が掛かる。 ローン審査に通らない可能性がある。 事前申請、返済計画を立てなくてはいけない。 外壁塗装で使えるお得な制度 ローン以外にも外壁塗装の費用を抑えられる制度があります。 主に自治体の制度と住宅ローン減税の2つがあります。 自治体の制度を利用する。 自治体によっては外壁塗装に補助金や助成金が出ることもあります。残念ながらすべての地域で補助金制度が設けられているわけではありません。詳しくは、お住まいの自治体や、塗装工事の依頼先の業者に相談してみましょう。 住宅ローン減税を利用する。 外壁塗装に住宅ローンを利用している場合は、減税措置が受けられる可能性があります。住宅ローン減税とは、ローン残高の1%を所得税から控除できるという制度です。ただし、借入金の返済期間や対象のリフォーム工事などに対していくつか条件があります。条件を確認して、対象となるようであればぜひ活用しましょう。 外壁塗装工事のご相談は色彩デザインまで! 今回のお役立ちコラムでは、外壁塗装工事の費用とリフォームローンを中心にお話ししてきました。皆様が外壁塗装をされる際の参考にしてみてください。 外壁塗装専門店の色彩デザインでは外壁塗装だけでなく屋根の塗装・リフォームその他についてのご相談も承っております!ぜひ一度色彩デザインにご相談ください!! https://shikisai-design.jp/first/ https://shikisai-design.jp/contact/           2023年06月27日 更新 詳しく見る
費用に関して

外壁塗装のプロに相談しよう!

今だけ!見積もり依頼クオカード500円分進呈!!

坂戸店来店予約 飯能店来店予約

お見積もりを取られている方へ!

相談・見積・診断は無料です。お気軽に!!

お気軽にお問い合わせ下さい!

0120-130-522 受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)