現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

日高市に外装劣化診断でお伺い致しました。

こんにちは、営業担当の小野です。 1年の終わりもだいぶ近くなってまいりました。   先日、日高市に外装劣化診断でお伺い致しました。     普段見ることのできない屋根なので、このように屋根の上に登って初めて気づく劣化があります。 今回の場合はスレート瓦が大きく割れて、分離していました。 建物への水の侵入が懸念されます。   早急にお住まいの状態に気づき、対処をすることで被害を最小限に止めることが必要となります。   事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2020年12月12日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

毛呂山町に外装劣化診断でお伺い致しました。

こんにちは、営業担当の小野です。 寒さがより厳しく、朝には車が凍ることもありました。 先日も外装劣化診断を行わせて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。   屋根、外壁、付帯部の損傷も確認し、的確な処置をすることが お住まいを雨水から守り、長持ちさせる方法となりますが、   今回は基礎部分の劣化を確認致しましたので、お知らせさせて頂きます。 現状はこのような細かいひび割れが入っており、直ちに建物への損害には繋がりませんが、 雨水が継続して侵入し続けた場合は内部へのダメージはもちろん出てまいります。 内部の鉄筋が水により錆びてしまった場合、膨張し内部から割れてしまう損害が発生します。   弊社では基礎部分専用の塗料もお取り扱いしておりますので、基礎部分のひび割れが気になる方は 事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2020年12月09日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ豆知識

坂戸市に外装劣化診断でお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 スレート屋根の場合、棟押さえ板金という頂上に金属が固定されていますが、固定されているのはビスのみです。 そのビスが抜けてくると固定が甘くなる、水が入る、棟板金が強風でズレる飛ばされるなどの弊害を及ぼします。 塗装工事の際は、細かい部分もしっかりと知識と技術を持って対応しないと本当のメンテナンスとは言えなくなってしまいます。 このようにひび割れも発生すれば、その隙間から水が差し、雨漏りにつながる要因になります。 先ずは塗装する前に専門家の診断をしっかり受けて、健康状態の把握、必要な処方箋の説明を受けることが大切です。家を建てたときは専門家が設計して建てた家のはずです。塗り替えも専門家の知識と技術は必要です。   弊社で外装劣化診断を受けて、正しいレールに乗っかりましょう。そして適正な数量を知るべきです。 お問い合わせは色彩デザインまで。 2020年12月09日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

飯能市に外装劣化診断でお伺いしました。

こんにちは。店長の富澤です。 リシン吹付の外壁材にひび割れが発生していました。 クラック(ひび割れ)の割れ幅では0.5mm程度の割れで、シーリング材で補修をしてから塗装する修繕工事が必要です。こういったクラックをそのまま見過ごして塗装だけになりますと、後々また割れてくる部分で水の侵入だけは止まらない状態になります。正しい工事をするために診断が必要です。 屋根はスレート・コロニアルとも呼ばれる屋根材でよく見ると砕けている部分があります。ノンアスベストの脆弱さが経年劣化で出てしまっている証拠です。 塗装では修復が難しく、他も同じ経年年数を経過しているので本来はカバー工法をお勧めしております。 塗装で色はついても、割れる可能性までは防げないので、そこもしっかりと考慮した判断が必要になります。   このように、事前の調査、知識を得てからでも遅くはありませんので、塗装をお考えの方は是非色彩デザインへお問い合わせください。 2020年12月05日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

飯能市に外装劣化診断でお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 外壁は知らないうちに割れて、水が侵入できるヘアクラックができます。この状態ならシーリング補修で処置ができますので大事になることはありません。 早めの診断で気付きをしっかりと認知しておくと、施工時期など計画性も出てきます。 診断やお問い合わせは是非弊社色彩デザインへ。   2020年12月04日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

飯能市に外装劣化診断でお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 サイディングの目地材となるシーリング材が破壊され、外壁材にも凍害が発生。水によってここまでになってしまいます。外壁を張り替えず塗装で保護することがコストを抑えるやり方であり、塗装の幅広い対応力になります。また、シーリングの打ち替えで再度充填してあげないと水の侵入を許し続けることになります。 診断をしっかりして、コストも見合った適切な処置を学ぶことが重要です。 弊社までお問い合わせください。 2020年12月04日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

日高市に外装劣化診断でお伺い致しました

こんにちは、営業担当の小野です。 寒さで朝起きるのが辛くなってきましたが、 先日も外装劣化診断を行わせて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。 屋根・外壁の痛みを知ることもすごく重要なのですが、 付帯部分の痛みもしっかりと確認しなければ、適正な処置ができなくなってしまいます。 弊社は細かい部分までしっかりと確認させて頂きます。   雨樋内での苔類の繁殖は詰まりが起きてしまい、排水が正常になされなくなります。     軒天上付近の木部も腐食が進み、欠けてしまっている状態となります。   このような箇所からでも建物自体に損害を与えてしまいますので、 細かい部分も見逃さずに、しっかりと確認することが重要となってきます。 事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2020年11月30日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

川越市へ定期点検でお伺い致しました

こんにちは、営業担当の小野です。 寒さが強くなり、上着無しでは過ごせない気候となりました。   本日は川越市内にて過去に施工したお住まいの定期点検へお伺い致しました。 弊社では、工事終了後もアフターフォローをしっかりとさせて頂いております。     こちらは塗装後5年経過しておりますが、屋根、外壁、付帯部分もとてもきれいでした。 弊社所属の1級塗装技能士の技術によるものとなりますし、塗料の仕様を厳守した結果となります。     また、塗膜の剥離など損傷がないかを隅々まで確認します。 こちらでも問題はありませんでした。     サイディングのご住宅ではシール充填部分も確認致します。 シール部分上でのひび割れがないかを確認しておりましたが、 こちらも問題なく、きれいなままでした。     塗装7年後のご住宅も問題なく、今後も安心して暮らしていけると施主様がおっしゃって下さいました。 今後のお付き合いもよろしくお願い申し上げます。     色彩デザインでは、塗装後も施主様に安心して頂けるように、このようなアフターフォローサービスもしっかりと行わせて頂きます。 また、保証内容もしっかりと、塗料メーカー様も含めたW保証となっておりますので、 今後塗装をお考えになられている方でもご安心できる内容となっております。   塗装をすべきかどうかわからない、塗装をしないといけない時期に差し掛かっている方は、 事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2020年11月27日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ豆知識

川越市小堤へ外装劣化診断に行ってきました

こんにちは 株式会社色彩デザイン 営業担当の新です   今回は川越市に外装劣化診断に行ってきました。 その結果を一部ご覧いただきたいと思います。   ↑ ↑チョーキング現象(塗り替えのサイン) 外壁を触ってみると塗装の膜が粉状に付着します。 簡単に検査出来ますので、是非一度、ご自宅の外壁を触ってみてください。   チョーキング現象が出ていると塗装の膜の防水性能が弱っている可能性があります。     実際に水をかけてみると   水をかけた所だけ外壁の色が濃くなっているのが分かると思います。 実際に雨が降った時に雨水がこのように外壁に浸透している状態になります。   この状態を放置してしまうと、、、 外壁の ひび割れ 反り など塗装だけではメンテナンス出来なくなってしまいます。         屋根塗装・外壁塗装・雨漏りなど何か気になることがありましたら色彩デザインまでお問い合わせください         #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2020年11月24日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識