現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

坂戸市で外装劣化診断にお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 屋根は瓦ですが漆喰部分は唯一の防水壁として備わっています。写真の白い部分がそれにあたります。 石灰石からできている漆喰は、ずっと露出された状態で紫外線や雨水にあたり続けます。そうするとひび割れしたり、苔やカビの繁殖が発生したり、防水壁としては脆弱な状態になります。 そこで、弊社では屋根漆喰補修工事や、積み替え工事なども承っております。   気になる方、聞いてみる業者や頼む業者がいない方、是非弊社までお問い合わせください。 2020年11月23日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

鶴ヶ島市の外装劣化診断にお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 屋根は普段全く見えない部分、建物を塗装するなら絶対に見ておかないといけない部位ですよね! 見える外壁よりも慎重にならないといけない部位です。 見える外壁は色々と指摘されても、見えない屋根の健康状態を把握することを重要に考えてください。   弊社では的確なアドバイス、工事ができる会社です。 先ずはお問い合わせください。 2020年11月21日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

飯能市の外装劣化診断にお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 モルタル外壁はひび割れなどを直しながら塗る!塗装を経験された方なら聞いたことあるかもしれませんが、このように際の部分の割れから雨漏りすることもあります。 見えない部分で発生しているひび割れです。 最初の診断で気づいたから良かったけれど、ここを見逃したまま塗るだけでは水の侵入は止まらない可能性があります。弊社の診断でしっかりと建物の健康状態を把握してみてはいかがでしょうか?   精度の高い診断と解説をぜひご活用ください。 2020年11月20日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

日高市の外装劣化診断にお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 ALCという軽量気泡コンクリートですが、目地のくぼみや、その付近からひび割れが生じやすく、写真のようなひび割れも珍しいものではありません。 上記のようなひび割れは水が入らないようにシーリング補修で防水した後に塗装で保護する必要があります。 こちらは破風板ジョイントの割れですが、もともとあった繋ぎ目が少し目立っているだけになりますので塗装することで問題は起きません。   このように、正しい判断をするためにも塗装する前の、相見積りする際の「大切な診断」になります。 是非、弊社の診断をご活用ください。 2020年11月19日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

坂戸市の外装劣化診断にお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 屋根の状態は近くで見ないとわかりません。もちろん推測でわかるものではないので、弊社の診断でしっかりと確認する必要があります。 苔カビの繁殖があり、水も吸い込み防水切れのサインがでています。表面温度も蓄熱性が上がり傷みのスピードが速まっていました。   このような状態ではしっかりとした高圧洗浄と、今後の蓄熱性に影響が出にくくなるよう遮熱塗料がおすすめです。   弊社では様々な塗装提案が可能で、専門店ならではの解説も聞くことができます。   地元地域密着で貢献します。 2020年11月18日 更新 詳しく見る
スタッフブログ

越生町へ外装劣化診断でお伺いしました

こんにちは、営業担当の小野です。 朝方、夕方の寒さが強くなり、辺りが暗くなるのも非常に早くなってまいりました。 今回は越生町へ外装劣化診断でお伺い致しました。     今回のご住宅はモルタル外壁でした。 モルタル外壁は砂(細骨材)、セメント、水を練り上げて作られた建材となります。 耐久性は高いですが、地震など地盤の動きによって外壁にひびが入りやすく、 吸水性も高いため、塗装によるメンテナンスが必要な建材となります。     この箇所では前回塗装時の塗装膜が剥がれ、素地が露出している状態となります。 塗装の膜による防水施工が意味を成さず、直接水を吸い込んでしまうため、 内部への水の侵入が懸念される部分となります。         また、他の部分ではクラック(ひび割れ)が入っている状態となります。 このひび割れからも水の侵入が懸念されますので、割れ幅に応じた補修をしなければなりません。       開口部分では大きく割れ、内部の構造的な部分も露出している状態となります。 縦のひび割れよりも、一般的には雨天時に垂れ落ちる水を横のひび割れでは面で受けてしまうという側面があり、水の侵入が非常に心配される部分となります。       モルタル外壁のひび割れ、塗装の色褪せや剥がれが気になる方、ご心配な方は、 事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2020年11月18日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ豆知識

越生町の塗装施工中の現場に行ってきました

こんにちは、外壁塗装・屋根塗装専門店株式会社色彩デザインです 今朝は、上着を羽織っていないと風邪引きそうな寒さになりましたね。 ただ日中は気温も上がり風さえ無ければ非常に秋晴れの良い天気となりました さて現在塗装作業の進行中の越生町の塗装現場に伺ってきました 丁度職人が、外壁塗装など終わり建具まわりなどの養生を剥がしていました 全体的には、いよいよ工事も終わってきそうです 細かい最終の手直しなどを行って完了となりそうです お施主様にもご挨拶も出来ました! 色も思っていた通りの仕上がりになったとのお言葉を 頂け安心しました 色彩デザインでは、越生町でのご依頼も徐々に増えてきましたしこれからも多数のご相談・お見積り依頼 お待ちしております 屋根塗装、外壁塗装専門店 株式会社色彩デザイン 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず木2-6-2 生鮮市場top様隣 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ飯能1Fテナント 聖望学園すぐ側 0120-130-522   2020年11月11日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ

坂戸市で外装劣化診断にお伺いしました

こんにちは。店長の富澤です。 ハウスメーカーのお住まいでチョーキングやシーリング防水の劣化で気にされていました。 ご覧のように開口廻りや目地のシーリングが劣化し、破断を迎えようとしています。 目地のシーリングは外壁サイディングにとっては命綱。 外壁塗料の浮き、気泡もできており塗装の劣化も確実に出ています。 外壁の凹凸が深いのでシーリング工事は専門性が問われます。このような場合でも弊社に是非お問い合わせください。   #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法 2020年11月09日 更新 詳しく見る
スタッフブログ