現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 川越市に外装劣化診断でお伺いしました

川越市に外装劣化診断でお伺いしました

2021.01.18 (Mon) 更新

こんにちは。店長の富澤です。

 

モルタル外壁で築10年以上です。初めての塗装になりますが、既にべっとりとチョーキング現象が起きています。塗料の顔料だけが浮き出ており、塗装の明らかな劣化が分かる実験になります。これは簡単ですのでご自宅の壁でもやってみてください。防水切れのサインです。なるべく早く塗装が必要になります。

ひび割れも発生、このひび割れは縦ではなく、横に入っています。それゆえに上から流れてくる水を面で受けてしまうため水の侵入量が増えてしまいます。縦も横も水が入ることは変わりないですが、診断の際にはしっかりと発見し、工事で対処することが必要です。

10倍スコープでの撮影、放置すれば割れ幅は拡大していきます。

 

「診断のお問い合わせ」、「一度診断してから工事するべきかどうか判断したい」などありましたら、是非、外装劣化診断士のいる色彩デザインまで!!