現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 飯能市原市場

外装劣化診断 飯能市原市場

2021.03.06 (Sat) 更新

こんにちは 色彩デザインの新です

 

本日は飯能市原市場に塗装のお見積りのご依頼を受けまして劣化診断を行ってきました。

屋根の劣化診断で気になる点がありましたので報告までに

 

屋根:釉薬瓦(日本瓦・和瓦・陶器瓦)

 

 

釉薬瓦は耐久年数が非常に長く、瓦自体のメンテナンスは必要のないものになります。

しかし、その他の箇所で劣化状況においてメンテナンスが必要になります。

1枚目の写真は漆喰に亀裂が入っています。簡単に説明させていただくと漆喰の奥には土が施工されており、その土が崩れ落ちない為に蓋をしています。

現状、ひび割れが発生しておりますので長い目で見れば補修が必要になります。

 

2枚目の写真をよく見ていただくと、棟の瓦がずれているのがお分かりいただけるでしょうか?

この棟は銅線で固定されておりますが経年劣化により緩んできております。

強風や地震によりずれた可能性が考えられ、気づかないうちに銅線が切れてしますと

瓦はただ置いてある状態になります。

最悪、瓦が頭の上から降ってく可能性も考えられます。

 

近年の屋根の施工ではビスによる固定をお勧めさていただいております。

このように瓦の上からビスで固定することにより銅線よりも強固に固定されるため安全性が確保されます。

 

日本瓦だから補修が必要がないと思い込まないでください。

 

以上、何かご不明点がありましたらお問い合わせ ご来店お待ちしております