現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 坂戸市で外装劣化診断を行ってきました。

坂戸市で外装劣化診断を行ってきました。

外装劣化診断 2021.05.08 (Sat) 更新

こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の色彩デザインです。

本日は坂戸市で外装劣化診断を行ってきました!

築13年の屋根スレート瓦、外壁サイディングのご住宅になります。

屋根は吸水・ひび割れ・反り上がり・苔・棟板金釘浮き・継ぎ手シーリング切れ

の劣化症状が有りました。

外壁は塗膜表面の劣化は無く問題ありませんでしたが、シーリング切れ・コーナーパネル割れの劣化症状が有りました。

割れ部分からは雨水吸い込んでしまいますし、シーリング施工面は塗装処理されていませんので吸水します。

 

そもそも塗装は雨水吸水しない様に防水の役割を担っていますので上記の様な劣化症状が一つでも当てはまれば塗装工事が必要な状態という判断になります。

見た目に気になる部分が無くてもお家を雨から守れていない可能性があります。

ご不安・ご心配な点ありましたら、下記リンクよりご相談下さい。外装劣化診断士があなたのお悩みにお答えさせて頂きます。

外装劣化診断のお申込み

ご相談はこちらより

色彩デザイン会社案内

 

対応エリア

坂戸市・毛呂山町・越生町・日高市・飯能市・川越市・鶴ヶ島市・東松山市