現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 鶴ヶ島市で外装劣化診断を行ってきました!

鶴ヶ島市で外装劣化診断を行ってきました!

外装劣化診断 2021.05.13 (Thu) 更新

こんにちは、外壁塗装・屋根塗装専門店の色彩デザインです。

本日はあいにくの雨でしたが、鶴ヶ島市で外装劣化診断を行ってきました。

 

築10年の屋根スレート瓦、外壁はサイディングのご住宅です。

屋根は全体的に色褪せ、吸水・苔・ひび割れ・棟板金釘浮き等の劣化症状が有り塗り替え工事のご提案となります。

外壁は吸水・苔・チョーキング・シーリング切れ・ひび割れの劣化症状が有りました。

屋根・外壁ともに再度塗装を行い防水してあげる必要がありましたので、塗装のご提案をさせて頂きます。

今回はちょこっと破風板について書かせていただきます。

破風板といっても木製のものや金属でカバーされているもの、今回のお家みたいにセメント板のものなどさまざまですが、セメント板のものは繋ぎ目にシーリングが施工されています。

現状繋ぎ目シーリングが切れてしまい、軒天に水の染みが出来てしまっておりました。

軒天に染みが出てきているということは、、、下地の木材まで水が染みてしまっている事になります!

5~6cm程度の切れ口ではありますが染みになるほど水が入ってしまうのです!

皆さんもご自身のご住宅を今一度ご確認下さい。

染みになっている部分は有りませんか?

シーリングは切れていませんか?

塗装ができるうちに工事を済ませてしまうのが結果的にお安く済みますよ!!

 

外装劣化診断のお申込みはこちら

色彩デザイン会社概要

 

対応エリア

坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町・越生町・日高市・飯能市・川越市・東松山市

外壁塗装のプロに相談しよう!

今だけ!見積もり依頼クオカード500円分進呈!!

坂戸店来店予約 飯能店来店予約

お見積もりを取られている方へ!

相談・見積・診断は無料です。お気軽に!!

お気軽にお問い合わせ下さい!

0120-130-522 受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)