現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 毛呂山町塗装現場の御近隣で外装劣化診断

毛呂山町塗装現場の御近隣で外装劣化診断

外装劣化診断 2021.09.18 (Sat) 更新

坂戸市・飯能市の屋根塗装 外壁塗装専門店の色彩デザインです

 

こんにちは 先日まで塗装工事を行っていた現場のお隣様よりお声をかけていただきまして

劣化診断を行ってきました。

お隣様と同じ建材が使用されており劣化状態も類似しておりました。

築約20年

屋根・セメント瓦

外壁・窯業系サイディングボード になります。

 

屋根の様子(セメント瓦)

  

 

・吸水テストで変色→雨水が浸透している

・防水性が無くなり、雨水を吸収している部分から苔の繁殖。

・棟瓦を固定している釘の抜け→隙間が空いて雨水の侵入口が、、(棟木が腐食が進行)

・雨樋の勾配が崩れ雨が降っていないのに水が溜まっている。

 

 

外壁の様子(サイディングボード)

   

 

・手袋に外壁の粉が付着→チョーキング(塗り替えのサイン)

・水をかけると変色

・破風板(白)も外壁同様にチョーキング

・目地シーリングの界面剥離(打ち換え交換が必要)

 

屋根様子は見えないところになりますのでビデオ撮影をしながら解説を入れてご自宅の劣化状況を把握していただいております。

 

色彩デザイン 新