現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 坂戸市にっさいで外装劣化診断で伺いました。

坂戸市にっさいで外装劣化診断で伺いました。

外装劣化診断 2021.10.24 (Sun) 更新

こんにちは!!坂戸市・飯能市の屋根塗装・外壁塗装専門店 色彩デザイン

です。

 

本日は築14年で塗装工事を検討中のご自宅の劣化診断に行ってきました!

 

屋根はスレート瓦(コロニアルNEOの後継、コロニアルクァッド)が施工されており、外壁は窯業系サイディングボードになります。

まずは屋根の様子から

   

 

 

スレート瓦は防水切れによる水の吸水が発生しており

劣化によるひび割れ・欠け・変形(反り)の症状まで起きていました。

下屋ね関しては湿った状態が続き、苔・カビが固形になって観察可能な状態にあります。

 

外壁に関しては

築10年を超えていてもチョーキングがなく、吸水の様子もありません。

高意匠サイディングの可能性があり、塗装工事の際は下塗りの選定が重要になります。

 

外壁に施工されているシーリングは傷み

界面剥離や 幕板のシーリングはしわが寄り劣化が見られます。

  

 

表面からの吸水がなくても、外壁の繋ぎ目から雨水が浸透しては意味がありません。

外壁や屋根の修繕・リフォームをお考えの方は是非色彩デザインまでお気軽にご相談ください

坂戸市・飯能市 外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社色彩デザイン

坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2

飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント

 

 

色彩デザイン 新