現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 鶴ヶ島市に外装劣化診断でお伺いしました

鶴ヶ島市に外装劣化診断でお伺いしました

外装劣化診断 2021.11.14 (Sun) 更新

お世話になっております。

色彩デザイン営業担当 新です。

本日は鶴ヶ島市に外装劣化診断でお伺いしました。

屋根はスレート瓦で、外壁はモルタル外壁のお住まいになります。

 

 

多くの住宅で使用されているスレート瓦となりますが、今回のお住まいではノンアスベストのスレート瓦が使用されておりました。

全体的にひび割れ、脆くなり崩れている箇所が多く見受けられました。

塗装による施工は物理的には可能ですが、ノンアスベストのスレート瓦は建材によっては経年劣化により、耐久性を大きく損ないます。

ひび割れ部分を修復し、塗装施工が完了したとしても、耐久性が失われたスレート瓦は新たなひび割れを起こし、

後々大規模な工事が必要なケースが生じます。

施工をせずに放置をしてしまった場合には、野地板自体に水によるダメージを与え、雨漏り等の原因となり、

資産や家財に大きな影響を与えるだけでなく、大切なお住まいを守れなくなってしまいます。

 

目先の金額は少々高額とはなりますが、金属カバーによる施工が最も安全であり、将来的な費用も嵩まずに済むものとなります。

元のスレート瓦の上に防水シートを新たに被せ、その上から軽量の金属カバーを設置するもので、

通常の瓦屋根よりも軽量で、かつ高耐久な屋根として生まれ変わります。

 

 

普段は見ることのできないお住まいの屋根だからこそ、外装劣化診断士の資格を持った者による診断と、

的確な診断報告及び施工の提案をさせて頂きます。

屋根に上らず、劣化状況を確認せずに施工をし、トラブルとなるケースが今現在でも絶えない状況となっておりますので、

お住まいのことで気になる方、ご心配な方は是非色彩デザインへお問い合わせ下さい。

 

 

坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社 色彩デザイン

坂戸店・坂戸市にっさい花みず木2-6-2

飯能店・飯能市中居30プリミテージュ1F