現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 毛呂山町で外装劣化診断 瓦屋根

毛呂山町で外装劣化診断 瓦屋根

外装劣化診断 2022.04.01 (Fri) 更新

こんにちは 坂戸市・飯能市 屋根塗装・外壁塗装専門店の色彩デザインです。

 

先日の診断についてご報告させて頂きます。

今回の建物は数年前に訪問販売に来た業者にて屋根工事を行ったそうです

内容は棟瓦シーリング留め(南面のみ)、漆喰の入れ替え(全て)をされたそうです。

 

写真で右側が南面・左側が西面になりますがシーリングの棟瓦留めは手前の登り棟が施工されているのが分かる状況になります。

訪問業者が一概に悪いとは言いませんが、割合として無意味な工事をして金銭を払っているケースを多く見受けます。

他にも補修をすべきところが見逃されています。。。

 

棟瓦を固定している銅線が劣化により数ヶ所で切れている

谷板金に錆が発生している

見逃したまま放置すると雨漏りして手遅れになる可能性がありました。

 

工事の金額も大事ですが本当に必要な工事なのか

診断はしっかりしているのか

分からないから業者任せになっていないか 

焦らずにゆっくり考えてみましょう。