現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 塗装できない屋根材レサスウーノについて|坂戸市・飯能市密着の外壁塗装専門店色彩デザイン

塗装できない屋根材レサスウーノについて|坂戸市・飯能市密着の外壁塗装専門店色彩デザイン

2023.04.25 (Tue) 更新

埼玉県 坂戸市、飯能市の皆さんこんにちは!!

坂戸市、飯能市 外壁塗装、屋根リフォーム専門店の色彩デザインです!

突然なんですがみなさん、屋根塗装を行えない屋根材をご存知でしょうか?

塗装できない屋根材はいくつかありその中で有名なのはニチハのパミール、クボタのコロニアルNEOなどがありますが今回はレサスウーノについてお話していきます

屋根リフォームで失敗しないよう、塗装ができない屋根材のメンテナンス方法などについてご紹介していきますので是非ご覧になってみてください!

レサスウーノは平成18年まで旧松下電工(現KMEW)が製造、販売していたスレート屋根となっており素材はセメントを固めたものでアスベストは含まれていなく、発売当初のノンアスベストのスレート屋根の製造技術は不十分であり、割れや欠けなどの不具合がよく発生する屋根材として知られています

塗装できない屋根材レサスウーノ

レサスウーノは耐久性に乏しく8~10年すると不具合で症状が顕著に現れひび割れ、反りなど自然に発生してしまい、ノンアスベストと知らずに屋根塗装を行ってしまい、ひび割れが増えてしまうことも多いそうです

ひび割れをそのままにしておくと割れて欠落し、放置しておくといずれは雨漏りに繋がってしまいます

塗装不可能 屋根材

レサスウーノ

 

そんなレサスウーノですが、屋根に精通していない塗装業者にお願いをすると多少のひび割れなので補修と塗装できますよなど誤った施工を進めてきたりしますが、再塗装は避けてください!塗装はできない屋根材となっておりますが絶対に塗装できないというより、しても意味がないどころか割れやすく、欠けやすい屋根に上って高圧洗浄などの作業をすることで屋根に負荷を与え逆効果になってしまう可能性がありますので塗装は行わないでください

 

塗装ができないレサスウーノのメンテナンス方法は大きく分けて二つあり、一つ目は既存の屋根材の上に新しい屋根材をかぶせるカバー工法です

工事期間が短く、廃材が少ないため費用を安く抑えられます

二つ目は屋根葺き替え工事です

既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材で葺き替えるメンテナンス方法ですが下地から点検、補修ができる分費用は高くなってしまい、レサスウーノは塗装や補修ができないため屋根葺き替え工事が最善策ですので、ご予算に余裕がある方は葺き替え工事をおすすめします

現在レサスウーノ以外にも塗装できない屋根材が使われている住宅がたくさんあり、ほとんどが自己負担での改修工事を行わなければなりません。早い段階での屋根葺き替えか、カバー工法が必要になってきます

ノンアスベスト瓦の判別ができない業者さんに注意して失敗しない屋根リフォームになるように、業者さんも気をつけて選びましょう

坂戸市、飯能市 外壁塗装、屋根リフォーム専門店の色彩デザインです

お電話やWEBのお問い合わせお待ちしております

 

 

 

坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社色彩デザイン

飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント

坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2

飯能市 坂戸市 飯能市内 坂戸市内  広報はんのう 飯能市市報 口コミ クチコミ 紹介 安心 安全 地域密着 実績 実績豊富 職人 技術 国家資格 一級塗装技能士 外装劣化診断士 専門店 店舗 ショールーム

外壁塗装のプロに相談しよう!

今だけ!見積もり依頼クオカード500円分進呈!!

坂戸店来店予約 飯能店来店予約

お見積もりを取られている方へ!

相談・見積・診断は無料です。お気軽に!!

お気軽にお問い合わせ下さい!

0120-130-522 受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)