現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お役立ちコラム > 塗装屋さんの見積書を徹底解析!外壁や屋根を塗装する際の見積りチェック項目

塗装屋さんの見積書を徹底解析!外壁や屋根を塗装する際の見積りチェック項目

お役立ちコラム 2024.02.07 (Wed) 更新

塗装屋さんの見積書を徹底解析!外壁や屋根を塗装する際の見積りチェック項目

飯能市、日高市の皆様こんにちは!! 

飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社色彩デザインです!


外壁塗装や屋根塗装を依頼する際、あなたはどんなことに注意すべきか知っていますか?

工事前にわかる情報としては、施工業者から提示される「見積書」を正しく読み取ることを重点におきましょう。ここにほとんどの情報が詰め込まれています。

今回は見積書を解析する方法をご紹介します。見積りの取り方から内容の見方まで、詳しくご紹介します。

オススメの相見積りの取り方

おすすめの相見積りの取り方

まさか、外壁塗装の見積りを施工業者1社からしか取ってないなんてことはありませんよね?

もし1社だけしか取っていないなら、これからご紹介することをしっかりと理解して、今からでも行動を起こしてみてください。

複数社の見積りを取ろう

外壁塗装だけに限らず、建物のリフォームを考えているときには、必ず「複数社の見積りを取る」ことを忘れないでください。なぜなら、提示価格が本当に適正価格なのかがわからないからです。

例えば、適正価格が100万円の工事を行う場合、提示価格が50万円かもしれなければ、200万円になるかもしれません。しかし、目の前の提示価格しか知らなければ、それが適正価格として錯覚してしまいます。

複数社の見積りを取ることで、適正価格を判断しやすくなるのです。

価格の安さだけに目を向けるな

適正価格というものは「対象工事に必要な部材費や技術料の平均的な金額」であるので、適正価格よりも安すぎても高すぎてもよくありません。特に、安いときには誰もが飛びついてしまうものですが、実は安い工事ほど信頼できないものはないのです。

よく考えてみてください。適正価格100万円の工事に対し、サービスで60万円に値引きしてもらえたとしましょう。ここで値引きされた40万円は、何を根拠に値引きできたものだと思いますか?

  • 塗料の質を下げた
  • シーリング材を増し打ちで対処した
  • 足場を省いた
  • 作業者を減らした
  • 技術料から値引きした

値引きできる内容は、決してたくさんあるわけではありません。そして、施工業者が自主的に値引きできるのは「作業者を減らす」か「技術料を値引き」ぐらいなものです。他は工事の質が下がる手抜き工事につながるため、安いことを喜ぶのは禁物であるとお伝えします。

適正価格よりも高い提示価格の場合、使用する材料の質が必要以上に高いものを使っている場合があります。それがその施工業者の標準使用であるとするなら、他の業者から得た見積書との差を明確に説明してもらいましょう。

その説明に納得した場合であれば、グレードの高い材料を使用するのも良いでしょう。もしくは、適正グレードに下げた状態で、より条件の良い施工業者に依頼することをおすすめします。

施工業者の理解度を確かめよう

外壁塗装や屋根塗装の施工業者は、意外にフランチャイズで工事を請け負っている場合が多いです。中には、全くの門外漢から外壁塗装業に入ったということさえあります。

そのため、施工業者自体が工事に対する知識を正しく持っているかを確認するのも重要なのです。

例えば、塗料に対する知識やシーリング材に対する知識で、その施工業者がどれくらい仕事に対する理解を深めているかを計れます。次のような前提で工事を頼んだとしましょう。

3年のうちに売却も視野に入れているから、今回の工事では耐用年数5年程度の材料で仕上げてもらいたい。

ただ、もしかすると10年以上住み続けるかもしれないから、両方のプランで見積りを作って欲しい。

 

短期間を見据えている場合、次のメンテナンスまでの期間よりも近々で見栄えを良くしたいという意図が読み取れますつまり、コストを抑えてメンテナンス実績を打ち立てることで、販売益を増やそうという算段です。

これに対し、高コストの材料を提示してくるようであれば、工事に対する理解度が低い業者だとすぐに判断できますね。また、長期間住む可能性も提示することで、短期工事以外にも依頼する見込みがあることを施工業者に示すことができます。

どんな要望にも的確な回答を出せる施工業者に任せるのが、間違いのない工事の第一歩です。

見積書はしっかり分析すべき!

見積書はしっかり分析すべき!

工事見積りは業者ごとに少しずつ違います。その違いがどこから生まれているのかを見極めないと、後々後悔するかもしれません。正しい分析をすることで、適正価格での工事を依頼しましょう。

施工内容を理解しよう

見積りに入っている工事内容が、本当に必要な工事なのかを見極めましょう。そのためにも、言われたままの内容で通り過ぎないようにしてください。

施工業者は、必要だと思う工事を提示します。しかし、中には必要のない工事も見積りに盛り込んでくる場合もあるため、依頼主自ら工事内容をしっかりと把握しなければならないのです。

  • どんな工事をするのか
  • 何のために必要な工事なのか
  • 材料は適切なものか

全て確認して構いません。施工業者は、それらを納得してもらった上で作業しなければならないのです。

提示価格と相場を見比べよう

工事の費用には「相場」が存在します。提示価格が相場に見合っているかは、必ず確認するようにしましょう。

一番簡単な方法は、工事の一括見積りサイトなどを活用することです。一度に何社にも見積り作成を無料で頼めるので、全てを比較して信頼できる施工業者を見つけることができるでしょう。

もし、ハウスメーカーなどからの斡旋で訪れた施工業者の場合、実際に工事に入る前に他の工務店などにも概算を聞くこともできます。

提示価格が、必ず適正価格であるという保証はどこにもありません。だからこそ、依頼主みずかrファが正しい情報を手に入れる必要があるのでrす。

他社と比較して事前診断が適切か見極めよう

工事前には「事前診断」が行われます。この診断によって、施工業者は見積りを作るのです。もし、事前診断も行わずに見積りを立ててくるような施工業者だった場合、依頼することはおすすめしません。

必ずチェックすべき「一式」の文字

必ずチェックすべき「一式」の文字

見積書をみていると、多くの場合「一式」という記載でまとめられていることがあります。この一式という表記にも、ちょっとした落とし穴があるので注意しましょう。

施工内容に対し「一式」はどこまで入るのか

工事の施工内容で「一式」と表記されている場合、実際にどんな作業をするかを確認しましょう。「外壁一式」と書かれていても、どんな工事をするか書かれているわけではありません。

洗浄なのか、張り替えなのか、塗装なのか。必ず確認しましょう。

材料に対する「一式」の範囲

材料に「一式」と書かれている見積書をよく見かけます。シーリング一式や屋根一式なんて書かれているだけで、施工業者内では通用することかもしれませんが、明記されていないからこそどんな請求をされるかがわからないという怖さがあります。

細かく全て記載されていないからといって、工事をキャンセルするというのは現実的ではありませんが、実際に使用する材料の名称程度は明記してもらうのが良いでしょう。

釘1本に至るまで記載しろというわけではないので、施工業者の説明義務の範囲といえます。

使用材料のグレードにも注目

「塗料」や「シーリング」と書かれていても、その材料のグレードが書かれていなかった場合、何が使われるかがわかりません。たとえ低グレードの材料を使用したとしても、素人目ではその事実に気づくことはできないでしょう。

だからこそ、何を使うのかは明記してもらわなければならないのです。

  • 種類
  • メーカー
  • 数量

これらがわからないと、提示価格が正しいか判断できません。

見積書の透明性に自信アリ!外壁塗装は色彩デザインにご相談ください!

見積書の透明性に自信アリ!外壁塗装は色彩デザインにご相談ください!

塗装屋さんが常に正しいとは限りません。中には悪徳業者だって存在するので、依頼主は「自分が納得できないものは確認する義務がある」ということを覚えておきましょう。

一般的な業者であれば、質問には快く回答してくれるものです。しかし、相手を騙そうとする業者は、工事を焦らせたり、次の工事があるからキャンセルを促したりと、何かしら不安を煽ろうとしてきます。

そんな場合は、その業者で工事しなくても大丈夫です。ハウスメーカーなどが間にいる場合は、施工業者の対応について相談すると良いでしょう。勝手な工事をさせないのは、依頼主の責任で判断して構わないのです。

大切なお住まいをメンテナンスする際の見積りは、しっかりと確認しましょう。

株式会社色彩デザインでは外装劣化診断士、雨漏り診断士といった有資格者が工事の見積りを作成しています。透明性の高いお見積書をお渡しできますので、安心してご依頼いただけます!

外壁塗装工事や屋根塗装工事で安心、信頼できる塗装業者をお探しならば、ぜひ当社株式会社色彩デザインにご相談ください!

あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております!

ご相談無料見積無料無料診断
外壁塗装に関するご相談はお気軽に
ご来店・お電話・メール下さい

0120-130-522受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)


坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社色彩デザイン

飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント

坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2

外壁塗装のプロに相談しよう!

今だけ!見積もり依頼クオカード500円分進呈!!

坂戸店来店予約 飯能店来店予約

お見積もりを取られている方へ!

相談・見積・診断は無料です。お気軽に!!

お気軽にお問い合わせ下さい!

0120-130-522 受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)