現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お知らせ > 外壁塗装で一番大事なこと

外壁塗装で一番大事なこと

お知らせスタッフブログ 2016.01.27 (Wed) 更新

外壁・屋根塗装工事で一番大事なことは、正確な塗装面積を出す事です!なぜなら、塗料メーカーは塗料の種類毎に塗布量(塗る面積の量)が決められています。

塗る面積が違っていると、塗料の缶数も変わっていきますし、塗る量も変わっていきます。塗装は薄すぎても、厚すぎても良くないものです。綺麗に塗ってしまえば分らないものなので、業者さんがお見積りの説明に入りましたら、まずは、塗る面積をどのように算出したのか聞くことが大事です!!

弊社では、必ず塗装する面積を正確に出すために、お客様のお家の図面をお借りして(コピーさせていただいています。コピーした図面も提案書の提出時にお返ししています。)弊社のCADで図面を引き直しています。

CADで書かれた図面をリフォーム図面として、屋根、外壁、破風、樋、軒天、などの数値を正確に出して、それに基づいて見積書を作成しています。

塗り面積が曖昧だと、塗料の使用量が曖昧になり、不良施工の原因に繋がります。

 

日高市・坂戸市・鶴ヶ島市・川越市のお住まいの方、塗替えの必要がなくても、リフォーム図面は後で必ず役に立ちます!お家の正確な面積がご必要でしたら、お任せ下さい!!