現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 光触媒塗料とは?

光触媒塗料とは?

スタッフブログ 2015.10.31 (Sat) 更新

白の塗料の原料である酸化チタンは、紫外線に当たると活性酸素を生成します。

光触媒効果とは、この活性酸素が有機化合物を分解し、水と炭酸ガスに変えることをいいます。

また、酸化チタンは光が当たると、よく水となじむ超親水状態となります。

この2つのメカニズムを取り入れたのが、光触媒塗料です。

光触媒塗料は太陽の光を受けることによって、表面に付着した汚れである有機化合物を分解し、親水化された表面は雨が降ることにより、汚れの下に水が入り込んで汚れを洗い流すことができます。

防汚、防カビ防藻、大気浄化などの効果があり、次世代の塗料として注目を集めています。

耐久年数は12〜15年程度で、現在外壁に使われている塗料の中では最も長持ちです。

ただし、光触媒塗料は施工する人によって性能差にずれが生じます。

正しく施工されなければまったく意味がなくなってしまうのです。

最近では、安い価格で施工すると触れ込むベンチャーなどの参入が増えているので注意が必要です。

現在、光触媒塗料は認定施工店でしか取り扱うことができません。
光触媒塗料の効果を十分に得るためには、業者選びは慎重に行うことが大切です。