現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > アクセントカラーで行える自分らしさ

アクセントカラーで行える自分らしさ

スタッフブログ 2015.10.05 (Mon) 更新

外壁塗装工事は、塗料の耐久性にもよりますが、10年に一度が目安になっています。

そのため、塗料の色選びは慎重に行う必要があります。

好きな色だからと安易に選んでしまっては、周囲環境と馴染みがなく割る目立ちをしてしまうことがあります。

近所の家の外壁の色や、庭の木の色などを考慮して、ナチュラルカラーをベースに選ぶといいでしょう。

ただ、外壁の色は、さりげなく自分らしさを出すことができます。

一般的に、外壁の塗装面積は、ベースカラーとアソートカラー、アクセントカラーの3つに分けることができます。

ベースカラーは塗装面積が一番大きく、50〜70%を占めるので、自然界にあるナチュラルな色を選ぶといいでしょう。

アソートカラーはベースカラーの次ぐに大きい面積の色で、20〜50%を占めます。

ベースカラーと同系色のものを選ぶといいでしょう。

そしてアクセントカラーでは外壁の10%未満で行うので、最も面積が小さい色になります。

全体を引きしめて強調色になるので、色合いは濃いのが良いでしょう。

アクセントカラーはベースの色と反対のカラーを用いると良いでしょう。