現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 葺き替えの頻度ってどのくらい?

葺き替えの頻度ってどのくらい?

スタッフブログ 2015.08.12 (Wed) 更新

風雨や直射日光から家を守る屋根は、家の中で一番大事な箇所です。屋根の塗装や葺き替えは、強度や防水性を強くし、外観をよくする目的で行いますが、どれくらいの頻度で行うのがよいのでしょうか。

 
葺き替え時期の目安は、経過年数でいうと、スレートで10〜15年、日本瓦で25〜30年、トタン屋根で6〜10年です。
葺き替え時期になっていなくても、次のような現象があれば要注意です。

 
スレートでは、ひび割れがある場合、さわると白い粉がつくチョーキング現象がある場合、苔が生えている場合などです。瓦では、15年以上手入れしていなかったり、ズレなどが生じている場合、漆喰部分にカビが生えている場合、トタン屋根では全体に錆びが出ている場合などです。屋根材に関わらず、雨漏りがしたら、天井に雨染みがある場合、風が吹くと変な音がする場合などです。

 
以上のうち、1つか2つの現象なら、該当箇所の修理で大丈夫ですが、多い場合には葺き替えを検討する時期といえます。