現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 溶剤塗料の特徴について

溶剤塗料の特徴について

スタッフブログ 2015.07.11 (Sat) 更新

お客様から、水性塗料と溶剤塗料の違いについてご質問をいただく場合がありますので、
今回はこの外壁塗料の違いを中心に説明してみようと思います。

同じグレードで比較すれば溶剤塗料は水性と比べると
汚れも付き難く総合的には耐久性も強いのが特徴です。
ただし溶剤塗料はひび割れが入りやすいと言う欠点があります。

溶剤塗料は塗料にシンナーを混ぜて使用するため、
シンナーのにおいが作業中に発生するのため
作業場近隣住民への配慮には特に気をつけなければなりません。
近年の環境への取り組みの流れから、
各塗料メーカーは溶剤塗料に劣らない水性塗料の開発にも力を入れています。

当社ではそれぞれのお客様のご自宅の状況やご要望に合わせて適切な外壁塗装のお手伝いしています。
適切な塗料選びはもちろん、業者の選び方、
アフターフォローについての不安や疑問点を解決するための
「無料塗り替えセミナー」も開催しておりますのでお気軽にご参加ください。