現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 一般的な外壁塗料の種類と耐久年数について

一般的な外壁塗料の種類と耐久年数について

スタッフブログ 2015.07.05 (Sun) 更新

私達が住む家は、経年劣化の他、
日々照り付ける太陽熱や紫外線、雨風の刺激を受けて徐々に傷んでしまいます。
ですので、家を長く存続させるには、定期的なお手入れが必要になってきます。

家の内部を守る外壁塗装に使用する塗料には、
アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系と
大まかに4つに分けられます。

そこでそれぞれの耐久年数について見てみましょう。

アクリル樹脂塗料:耐久年数は5〜6年と短く、汚れやすいという欠点があります。
しかし、費用もこの中では安価なので、頻繁な塗り直しには適しています。

ウレタン樹脂塗料:耐久年数は8〜10年です。
柔らかい性質を利用して木部など細部の塗装に適しています。

シリコン樹脂塗料:耐久年数は10〜12年と長く、汚れが付着しにくく、
汚れてもすぐに取れるという性能の良さから、最近の一番の人気です。

フッ素樹脂塗料:耐久年数は15〜20年と抜群に長く性能も良いですが、費用も当然高くなってしまいます。