現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 「サイディング壁」の傷み方

「サイディング壁」の傷み方

スタッフブログ 2015.07.01 (Wed) 更新

外壁劣化の中でもサイディング壁の痛みに関するご相談は
いただくことがとても多いです。

ですので今回は「サイディング壁」の傷み方について説明してみようと思います。

サイディング壁はボードの繋ぎ目「目地シーリング」が
劣化しやすい典型的な箇所のひとつですので、
サイディング壁の劣化を調べる際には必ずチェックする必要があります。

とくによく日が当たる方向の外壁には
目地シーリング劣化が目立ちます。

このような外壁劣化を放置しておくと本来の機能性が失われ、
外壁に水分が侵入してしまうことにつながることもあり、
対応が遅れれば遅れるほどご自宅の劣化が進み、
いざ修理を依頼しようとしても予想以上の費用が発生してしまうこともありますので十分な注意が必要です。

一般の方がご自宅の劣化状況を適切に判断するのは
何かと難しい面もあると思いますので、
サイディングボードの継ぎ目の劣化を見つけたら、
長年地元で営業を続けているような
信頼できる外壁塗装業者に相談することをおすすめします。