現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁劣化のサイン「クラック」について

外壁劣化のサイン「クラック」について

スタッフブログ 2015.06.19 (Fri) 更新

長年家を守って来た外壁は、
年月が経過すると外壁もひび割れてしまいます。

中でもクラックは、
塗装面や外壁自体に割れが生じてきる状態を指します。

酸を含む雨水が侵入するようになり、
外壁劣化を促進したり、内壁へのダメージも出て来てしまうのです。

放っておけば、錆を発生させて耐久性を低下させたり、
水漏れを生じさせたり、カビができてしまう、
外観を損ねる、気密性の低下を招くなどの害をもたらしてしまいます。

そうならないためにも、早急に補修が必要となります。

補修をするためには、
クラックから雨水や湿気が入り込まないようにするため、
劣化の程度が低ければ外壁塗装で塗るかえる、
酷い場合にはひび割れに沿って溝を掘り、
シーリング材で埋めて、フィラーを塗って、
凸凹を処理したあと、外壁塗装を行うなどの方法があります。

クラックの原因は複数あり、
それぞれの原因とそれに合わせた外壁塗装での対策を行うことで、
家を長持ちさせることができるようになります。