現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁劣化のサイン「カビ」について

外壁劣化のサイン「カビ」について

スタッフブログ 2015.06.03 (Wed) 更新

外壁劣化の状態を判断するためにはいくつかのポイントがります。

その中でも、カビは外壁劣化のサインのひとつといえます。

カビは外壁の劣化がある程度進んだ段階で発生しだしますので、
外壁にカビを見つけたときは
一度外壁塗装専門の業者に相談することをおすすめ致します。

また外壁塗装により修繕しようとしたときも、
カビの下処理をしないと塗装が浮き上がって剥げたり、
すぐにひび割れが生じたりしますので注意が必要です。

このようなカビを見つけたときは、
私たちプロタイムズ川越中央店へぜひご相談下さい。

私たちは「お家の健康診断」を行っており、
それぞれのお客様のご自宅の外壁の劣化状況を正しく判断し、
お客様には分かりやすく説明しています。

実際の診断をする外装劣化診断士のスタッフは、
現場経験も豊富ですので安心してお任せください。

ご自宅の状況に応じた適切なプランを提示いたしますので
後はじっくりとご検討いただければと思います。