現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 下塗りの重要性

下塗りの重要性

スタッフブログ 2015.01.19 (Mon) 更新

川越市・坂戸市・鶴ヶ島市・ふじみ野市周辺にお住まいの皆様こんにちは!!

屋根外壁塗装・各種リフォームのプロタイムズ川越中央店です。

 

今日は下塗りの重要性について少しお話しさせていただきます。

皆さん、「シリコン塗料」や「フッ素塗料」など上塗りに使用する塗料は耳にしたことや実際にインターネット等で調べたことがあるかと思います。

そういった塗料を調べたり目にする中で、「高耐久」や「10年以上の耐久性」等という文言がでてきます。

しかし、下塗りを塗らずに施工をしてしまうと「10年以上の耐久性」と言われる塗料も力を発揮できず1年や2年で剥れてしまうことも…

下塗り材の役割としては、現状の素材と上塗りをしっかりと密着させる事。鉄や錆びてしまう物には錆を出さないように抑える役割があります。非常に大事ですね!

一言に「下塗り」と言っても外壁専用の下塗り材、鉄部分専用の下塗り材、木部分専用の下塗り材等々。

更に細かく言うと、外壁の中でもモルタル専用やサイディング専用などもあるのです。

例えば…

IMG_2645

こちらの写真で赤茶色に塗装されている部分があります。

非常上に解りにくいですが、上半分が鉄部、下半分が木部なので下塗り材は各々専用のもので塗り分けます。

IMG_2647

こちらの玄関扉も木製なので、木部用の下塗り材を塗っています。

当たり前のことのように思われますが、私が診断に伺ったお宅でこういった下塗り材を塗り込まれていないケースを多々見受けます。

今後塗装をご検討の皆様、見積りをもらう際下塗り材の説明もしてもらえる業者を選ばれることをお勧めいたします。

 

 

 

 

担当   三辻