現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 日高市にて外装劣化診断を実施しました

日高市にて外装劣化診断を実施しました

スタッフブログ豆知識 2020.10.19 (Mon) 更新

こんにちは、営業担当の小野です。

先日、お客様からのご依頼を受けまして、日高市にて外装劣化診断を実施しました。

普段から目に付く外壁のみならず、日常生活では見ることのできない屋根の細かいところまで診断を行います。

 

今回のお住まいの屋根にはニチハのパミールが使用されていました。

このパミールはノンアスベストのスレート瓦となりますが、

経年劣化が進むと層間剥離という現象を引き起こし、

ミルフィーユ状に何層にも連なって剥がれが発生します。

 

パミールが使用されている屋根に関しては、塗装による施工をしても、

内部から剥がれてしまうため、塗装による防水施工の意味がなくなってしまいます。

 

劣化後も気づかずに放置してしまうと、剥離がさらに広がり、

風により飛散してしまう被害も生じます。

 

金属カバー施工等、適切な施工が必要となります。

外装劣化診断を行うことにより、その症状が確認でき、

適切な施工を施すことが出来ます。

 

屋根材がパミールでなくとも、目にすることのできない劣化が進行している可能性もありますので、

気になる方は是非お問合せ下さい。

 

 

#飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着