現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 飯能市にて外装劣化診断を行いました。

飯能市にて外装劣化診断を行いました。

スタッフブログ豆知識 2020.10.21 (Wed) 更新

こんにちは、外壁塗装・屋根塗装専門店の色彩デザイン営業担当の小野です。

本日、お客様からのご依頼を受けまして、飯能市にて外装劣化診断を実施しました。

 

今回の建物の屋根はスレート瓦でした。

日本では寒冷地を除く地域では最も多く屋根材として使用されているものとなります。

今回のご住宅ではアスベスト含有のスレート瓦となります。

 

アスベスト含有のものは非常に頑丈で、20年経過してもひび割れの無いものもありますが、

セメントが主な原料のため、吸水性が非常に高く、塗装による防水の施工が必要となります。

 

今回は経年劣化によってスレート瓦が割れ、欠けてしまっている部分がありました。

建築時には釘を打って固定をするため、この状態では釘打ち部分から水が浸透し、すぐ下にある防水シートや野地板を痛める原因となります。

 

棟板金付近は特に下から見ることが出来ないので、

スレート瓦のご住宅にお住まいの方は一度外装劣化診断をご検討してみてはいかがでしょうか?

気になる方は是非こちらからお問合せ下さい。

 

 

外壁塗装・屋根塗装専門店 株式会社色彩デザイン

#飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着