現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お知らせ > ウレタン防水 通気緩衝工法施工しました

ウレタン防水 通気緩衝工法施工しました

お知らせスタッフブログ 2020.10.22 (Thu) 更新

外壁塗装・屋根塗装専門店株式会社色彩デザインです

さて本日は、先日坂戸市にてベランダ防水工事を行ってきましたのでご紹介します

既存がコンクリート押さえ仕上げのベランダになります

経年劣化により表面のひび割れなども無数に増えてきましたので、今回は表面を防水処理します

公共建築工事標準仕様にも用いられている通気緩衝工法X-1です 長期に渡り防水層の欠点でもある

湿気などによる膨れ・表面のひび割れなどが入りにくい工法です

勿論内部からの湿気を逃がす為に必要な脱気筒も取付必須です。

それでは工事の流れをご紹介します

まずは、表面の汚れなどを洗浄します

次に、プライマー塗布です

全体的に染み込ませて完了します 次に自着シート(通気緩衝工法用の自着層付改質アスファルトシート)を

全面に張ります

シートとシートの継目を補強していきます

メッシュテープにて処理します

シート内部からの湿気を、閉じ込めると膨れの原因となるために、外部へ逃がす為の脱気筒を設置します

約50㎡に1カ所が必要です 

取付位置は、なるべく床面の高くなっているような所が望ましいです

いよいよこれで下地の準備完了しました

ここからはいよいよウレタン防水の主材を塗布します まずは1層目

しっかりとコテなどの道具で施工します

綺麗に塗布できました しっかりと乾燥時間を取り もう一度塗布します

全部で2層仕上げます

非常に、防水膜が厚くなり形成されました。

最終工程に進みます 

最後は、表面のトップコートを1度塗布して完成になります

少し濃いグレーに塗布しているのがわかると思いますが トップコート処理しています

こちらが、完成した様子になります

外壁塗装や屋根塗装だと通常3回塗りが一般的ですが ベランダ防水は、非常に工程も多く

手間のかかる工事になります 

また株式会社色彩デザインでは、防水工事も国家資格を有した有資格者の職人が手間を掛け丁寧に

施工させて頂いております。

雨漏り被害・雨漏り対策は、お気軽にご相談ください

防水工事も外壁塗装屋根塗装専門店株式会社色彩デザインまで

お問い合わせ・ご相談はこちらから

株式会社色彩デザイン

坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず木2-6-2     生鮮市場TOP隣

飯能ショールーム:飯能市中居30  プリミテージュ飯能1Fテナント 聖望高校すぐ側