現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 日高市に外装劣化診断でお伺いしました

日高市に外装劣化診断でお伺いしました

スタッフブログ豆知識 2020.11.03 (Tue) 更新

こんにちは、営業担当の小野です。

11月に入り、寒さが少しずつ増し、日の長さも短くなってまいりました。

2020年もだんだんと終わりに近づいておりますが、今回も外装劣化診断をして参りました。

 

今回のお住まいはスレート瓦の屋根で、ノンアスベストの物でした。

アスベストを含有しているか否かはお住まいの築年数などで判別できるケースが多いです。

ちょうどノンアスベストのスレートとの入れ替わりの時期になると、

実際に目視で確認するまで判断は難しくなります。

 

家主様はとにかく屋根の状態が気になるとのことでしたので、確認させて頂いたところ、

大きなひび割れに、欠けてしまっている部分も多数見受けられました。

家主様に映像とともに状況を説明したところ、「こんな状態になっているとは思いもしなかった・・・」
と驚かれている状態でした

スレート瓦自体の塗装による防水機能もそうですが、大きく欠けている部分に関しては、

雨漏りなど、建物に損害を与える原因となり、危険な状態となります。

 

 

また、こちらの部分ではスレート瓦を固定している釘打ちの部分が露出しておりました。

この釘打ち部分に雨水が掛かると、釘を伝って水が建物内部に浸透してしまう状態になっています。

 

欠けてしまったものは元の状態に戻すことはできず、塗装による防水機能も維持が難しい状態となるので、

このような場合には、金額はかさんでしまいますが、金属カバー施工が最も安全な防御策となります。

 

今回の事例のように、見るまで思いもよらない損傷を受けている可能性がありますので、

ご心配の方、とにかく現在の状況を知りたい!という方は

事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。

 

 

#飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着