現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 日高市に外装劣化診断でお伺いしました。

日高市に外装劣化診断でお伺いしました。

スタッフブログ豆知識 2020.10.28 (Wed) 更新

こんにちは、営業担当の小野です。

晴れた日が続くようになり、診断日和が続いております。

おかげさまで、たくさんのお問合せ頂いており、本日も診断がありました。

 

今回のご住宅はスレート屋根とモルタル外壁のお住まいになります。

 

以前塗装済みとのことでしたが、年数が経つにつれ、塗装の膜が剥がれている部分が多数確認されました。

前回塗装工事時に、塗料を塗布した際の乾燥時間が不十分だっとものと考えられます。

この場合、各塗料の基準通りに施工が行われていないものと考えます。

塗膜が剥がれている場合は、スレート瓦の素地のセメントが表面に露出している状態となっているので、

たくさんの水を吸ってしまう状態となります。

吸水は雨漏りをはじめ、さまざまな弊害を引き起こすため、

防水性能の高い塗料を塗ることにより、劣化を回避することが出来ます。

 

 

モルタル外壁のひび割れ部分を10倍のスコープで撮影したものとなります。

塗膜の下はすぐ素地となります。

こちらのモルタルも内容成分にセメントが含まれているため、吸水性がとても高く、

ひび割れからの水の侵入により、建物内部へのダメージも懸念されます。

 

 

普段見ることが難しい屋根と、外壁の細かい部分について、ご心配な方や、気になる方は

事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。

 

#飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着