現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

毛呂山町にて施工中現場の中間検査を行いました

こんにちは、営業担当の小野です。 先日着工致しました施工中の現場にて、中間検査を行いました。   屋根の下塗りが終わった時点での検査となりました。 ここまでで内容に問題ないかをしっかりと確認致します。   通常の戸建ての塗装現場では行わないものとなりますので、 不良施工やミスをなくすためにも大事な工程となります。     ここから中塗り、上塗りと工程が進んでいきますので、 仕上がりを楽しみにお待ちしてお頂ければと考えております。   現場では弊社マスコットキャラクターの「色ちゃん」のイメージシートがありますので、 些細なことでも現地の職人にお尋ねください。 塗装施工を考えているがどこに頼めばいいかわからない、 どのくらいの金額なのか知りたい、 そもそも塗装が必要な状態なのか知りたい、そんなお悩みを抱えている方は ぜひお問い合わせください。 地域密着で、細部まで確認する外装劣化診断、適切なアドバイス、提案をさせて頂ければ思います。 ぜひよろしくお願い申し上げます。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2021年02月16日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

川越市で塗装後の屋根を確認してきました

こんにちは、営業担当の小野です。   暖かい日だったり、寒い日と寒暖差が激しいですが、春が近づいているのが分かるような季節となりました。 本日は川越市で着工中の現場でのソーラーパネルの再設置が完了しましたので確認してきました。   施工開始時はパネルの取り外しから始まり、全面を塗装させて頂きました。 下は屋根塗装が完了した状態となります。     その後、乾燥も含め、しっかりと硬化させるために日をおき、再設置致しました。 パネルは洗浄が済んでおり、きれいになっております。   ソーラーパネルが設置された状態ではその真下は塗装することはできませんが、 脱着することで全面を雨水から保護をすることができます。   また、足場がなければ脱着は非常に難しく、危険も伴います。 弊社では安全性を考慮した施工を行い、同時にメーカー基準通りの塗装に、 弊社と塗料メーカーのW保証制度もありますので、パネル設置のお住まいで、塗装を検討されている方は、 ぜひお問い合わせください。   #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着   2021年02月06日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

毛呂山町に外装劣化診断に行ってきました。

皆さん、こんにちは。色彩デザインの坂本です。 本日は外壁・屋根塗装をご検討されているお宅に劣化診断でご訪問しました。 診断させて頂いたお宅は築35年の壁はモルタル壁、屋根はスレート瓦で、 前回の塗装から約15年が経過していました。 それではまず屋根の診断結果です。 棟板金の釘が抜けており、ぱかぱかした状態でした。 また、板金が集まるところのシーリングも劣化して無くなっていました。 この釘穴部分が水の侵入口となり、下地の貫板、野地板を腐食させて雨漏りの原因となります。 また、近年の大型台風などが来ると、風の吹上げ力によって飛ばされてしまう可能性があります。 抜けてしまった部分はシーリングして、新たにビス止めするか、貫板が腐食してる場合、 ビスが効かないため、貫板と棟板金の交換などの施工が必要となります。 スレート瓦は苔・カビの繁殖、前回施工した塗膜の劣化などが確認できました。 塗膜の劣化は雨漏りの原因となりますので、防水性の高い塗料で施工することが重要です。   次に外壁の診断結果です。 微細なクラックは確認できましたが水の侵入口となるほどの幅はなかったので、微弾性のある 下塗り材でしっかりと保護します。 南側の外壁面は紫外線を多く受けることで塗膜が劣化してチョーキングや吸水などの症状がありました。 防水切れのサインでもあり、水を建物に侵入させないためにも塗装が必要です。 塗料には紫外線による塗膜の劣化を遅らせる機能もありますのでぜひおすすめです。 建物の症状はみなさまざまです。その中でも最適な塗料と安心な施工をご提案させて頂きます。 「ドローン」による屋根診断も 無料 で行っていますのでお気軽にお問合せ下さい。   飯能市、日高市、鶴ヶ島市、坂戸市、毛呂山町、越生町鳩山町の 外装‣増改築・水回り・エクステリアのリフォーム工事は色彩デザインにお任せください! お問い合わせはこちら 株式会社色彩デザイン 0120-130-522 坂戸店:坂戸市にっさい花みず木2-6-2 (新鮮市場となり) 飯能店:飯能市中居30 プリミテージュ飯能1F   2021年02月03日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

飯能市に外装劣化診断でお伺いしました

こんにちは、営業担当の小野です。 本日は飯能市に外装劣化診断でお伺い致しました。   今回のご住宅はALC外壁(軽量気泡コンクリート)となります。 パワーボードとも呼ばれ、施工性、耐火性に優れた外壁材となります。 今回のALCの外壁には特殊な吹付がされており、通常の塗料では密着が取れない可能性が十分にありますので、 診断をすることにより、切り分けを行うことで不良施工を防ぐ大事なこととなります。   実際に診断を行ってみると、目地部分から特徴的なひび割れが発生していました。 やはり、建物を雨水から守るためには、このような部分の補修が必要となりますので、 しっかりとして確認が必要となります。     お住まいに関する不具合、気になることがありましたら、 事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2021年02月03日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

日高市武蔵台に外装劣化診断に行ってきました。

こんにちは 色彩デザインの新(あたらし)です。 本日は屋根塗装・外壁塗装のお見積りのご依頼をいただきましたので劣化診断に行ってきました。 前回の塗装から6年経過し塗り替えのご検討に入ったそうです。 一般的には10年単位での塗り替えをご検討される方が多い中、早めのご依頼をいただきました。   6年しか経過していませんが、劣化診断の結果。 塗装が必要と判断いたしました。その結果を簡単にまとめます。 まず、屋根に関しまして表面の色むらが激しく表れており、場所によっては前々回の塗装のお色(青)が見えているところがありました。さらにお水の浸透が見受けられ表面の防水性がなく、前回の塗装が防水の役割を終えておりました。 こうなってしまうと、雨が降る度に雨水が浸透し建物内部に入り込もうとします。   次は外壁に関しまして チョーキング(手袋の写真)が発生しており、塗り替えのサインになります。 2枚は一部、色が違うところが分かりますか?? 大きな塗り残しになります。。。   全体的に観察をしても下塗り塗料が多数、透けていました。 それでは到底、メーカー発表の期待耐久年数を実現することは難しいです。   相談者様は今回の塗装工事は目先の金額にとらわれず、しっかりとした工事を望まれておりました。   2021年01月28日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ豆知識

鳩山町 雨漏り屋根工事 

本日は鳩山町で雨漏り調査をきっかけに棟積み替え工事・車返し工事を行っている現場に進捗確認に行ってきました。 車返しとは 現在使用されている瓦を一度はがし、下地(合板・ルーフィング)を補強し同じ瓦を再度、葺きなおす工事のことを言います。   築30年以上が経過しており、日本瓦(和瓦)のご自宅になります。 既存の瓦をはがし瓦棒を撤去した状態でルーフィング(防水シート)が現れています。 ☆車返し   築30年以上経過している為、ルーフィングは劣化し破れ下地の合板が見えていました。   ☆棟積み替え(強力棟) 昔ながらの棟の中には土が入っており、周りを漆喰で葺き止めしています。 今回の工法は土をすべて取り除き、その代わりに南蛮漆喰を詰め込み強度の向上を図ります。     建物のことでお悩みの際は是非、色彩デザインまでお問い合わせください 2021年01月20日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

毛呂山町へ外装劣化診断でお伺いしました

こんにちは、営業担当の小野です。 本日は毛呂山町に外装劣化診断でお伺い致しました。   直近で屋根塗装をされたそうですが、数年で劣化の症状が出てきたとのことでした。 早速確認してみますと、表面塗膜が劣化し、色褪せだけでなく、剥がれが生じている箇所もありました。     また、屋根の頂上にある棟板金も、以下のような状態になっていました。   棟板金を固定する釘が、劣化によって飛び出してしまうことはよくありますが、今回は飛び出したままシーリング材で固定されていました。 通常は釘を打ち直し、釘頭のみをシーリング材で固定するのが工法となりますが、あまりにも杜撰な作業で驚きました。 本来の施工・修繕方法を知らずに行った結果と考えられますので、職人の知識も施工には大きく関わってきます。       お住まいに関する不具合、気になることがありましたら、 事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2021年01月07日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

飯能市に外装劣化診断でお伺い致しました。

こんにちは、営業担当の小野です。 先日、飯能市に外装劣化診断でお伺い致しました。   今回のご住宅はパワーボードとも呼ばれるALC(軽量気泡コンクリート)のご住宅でした。   内容成分にセメントが含まれるため、こちらも塗装とシーリング材による防水の対策がなされています。   内部に水が浸入すると、内部構造の鉄筋が腐食し、最悪の場合には内部から外壁が割れてしまう「爆裂」、断熱材を腐食させてしまう恐れがあります。   このように、ひび割れが起きている状態は、水の侵入が懸念される状況となります。   目地シーリング材が破断し、素地が露出している状態となっています。   どの建材でも、やはり水の侵入が最も損傷を与える原因となります。 雨漏りなど、大きな被害が起きる前に 事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2020年12月24日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

坂戸市に外装劣化診断でお伺い致しました。

こんにちは、営業担当の小野です。 先日、坂戸市に外装劣化診断でお伺い致しました。     連日の寒さにより、水分を含んだスレート瓦が凍って白くなっている状態で、 大きく割れている部分もありました。 塗装膜による撥水がなく、吸水しているため、苔の繁殖だけでなく、このような状態となっておりました。   スレート瓦は内容成分はほぼセメントで形成されているため、塗装による防水が施されなければ、一気に劣化をしていきます。     下からでは見えない部分となりますので、 事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。 #飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着 2020年12月16日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識