現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お知らせ

お知らせの記事一覧

坂戸市で施工したデザイン塗装?多彩?グラデーション!!

外壁塗装・屋根塗装専門店の色彩デザインです。 先日坂戸市で施工したグラデーションについて少しご説明したいと思います。 施工前 塗りつぶし 施工後 まずこちらの施工ができるのはサイディングの外壁のみになります。 そもそも新品のサイディングはここ最近使われているのは2色もしくは3色でサイディングの凹凸を色訳けしている物がほとんどです。タイル調やレンガ調木目調などさまざまの柄のサイディングが有ります。 ではサイディングを塗り替える必要になった時、従来であればクリヤー塗装か塗りつぶし(新しく色を塗る)か悩まれると思います。 クリヤーであれば今のサイディングの表情を変える事無く防水性を待てるので今のお家の雰囲気を替えたくない方には非常に人気です。しかしクリヤー=透明ですので傷やクラック、色褪せなどはそのまま残ってしまいます。 その点塗りつぶしで有れば傷やクラックはほとんどわからなくなりますが、サイディングの雰囲気は変わってしまいます。 色は非常に重要な問題で家のイメージ見た目が大きく変わります そんな悩みを解決すべくいろんなメーカーさんが塗りつぶしでサイディングの雰囲気をだす方法を作りました。 いろんな呼び方がありますが マーブル塗装・多彩色塗装や2色刷り・2色塗装・特殊塗装などメーカーさんや会社さんによってさまざまです。 専用の塗料や専用の資材を使う工法が多くあり、専用品の為高額だったり塗料も限られてしまって耐候年数が決められてしまったりと良い事ばかりではありませんでした。 しかし当社が導入したグラデーションプロは塗料や資材の縛りがほとんど無く特許を取得した施工方法で行います! 専用の資材や塗料の必要がないので耐候年数や費用もお客様のご希望に寄り添える物となっております。 また、部分的な施工が可能ですので玄関先やベランダ・下回りのみなどの施工も可能です! 他のお家とは違いを出したい方や塗りつぶしは嫌だけどクリヤーも、、、などとお悩みの方は是非一度ご相談下さい。 グラデーションプロの施工ができるのは、坂戸市や飯能市の塗装会社では当社だけです!   お家の色でお悩みの方には、カラーシュミレーションなども導入しております ご自宅の塗装後のイメージ制作も可能な色彩デザインまでお気軽にお問い合わせください。 株式会社色彩デザイン 坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2 飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント   対応エリア 坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町・越生町・日高市・飯能市・川越市・東松山市・鳩山町・滑川町・嵐山町 2021年08月03日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ

飯能店ショールームお盆期間中の営業についてご案内

こんにちは飯能店 店長の富澤です。   飯能市内、日高市内の皆様、 色彩デザインへお問い合わせとご用命を頂戴し、いつも本当にありがとうございます。   さて、飯能店ショールームは、お盆期間中「8/14(土)、8/15(日)」お休みをいただきます。 他、通常営業となりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。   坂戸店ショールームは「8/11(水)」お休みとなります。     それぞれ店舗で違いはありますが、日程に合わせてご活用くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。   例年、お盆時期を過ぎますと、塗装時期としては涼しい秋に向けてのご相談、ご用命をさらに多数頂戴しており本当に感謝申し上げます。   今年も下半期で「責任ある行き届いた」「基準どおりの正確な塗装」で、メーカー保証や自社保証をアフターとし、必ず貢献させていただきます。 皆様の本気に向き合うべく、私共も変わらず本気で!取り組んで参ります。よろしくお願い致します。   お問い合わせについては常に受け付けておりますので、 屋根塗装外壁塗装屋根リフォーム専門店の色彩デザインまで、お問い合わせください。   2021年07月30日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ

坂戸ショールームは、お盆も休まず通常営業致します!!

坂戸市 飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店 株式会社色彩デザインの間島です こんにちは!! 昨夜は、突然の雷で停電をして大変な状況だった方も多数いらっしゃるでしょう。 私の自宅も3時間程停電となり冷蔵庫が心配になりました さて本日は、当社色彩デザインの坂戸店のお盆期間中の営業についてお知らせいたします 8/11(水)定休日以外は全て通常営業になります。 また大型連休中にゆっくりとご相談したい方は、是非この機会に御検討ください!! 外壁塗装のご相談や屋根の劣化が気になる方は、 屋根塗装・屋根葺き替えや今人気のカバー工事などもありますので 坂戸店には、有資格者の診断士が在籍しておりますので丁寧にメンテナンス方法の違いや各種メリット、デメリットをわかりやすく説明させて頂きます。当社では、屋根リフォーム実績も多数ありますのでご安心ください 事前にお電話やホームページよりご来店予約して頂くとお待たせする事もなくご相談頂けます 今現状の工事のご案内時期も9月以降になりますので、塗装や屋根リフォームで非常に人気の秋頃の施工になります 人気の時期に塗装したい方は是非このお盆中にご相談お待ちしております 当社施工対応エリア 坂戸市・飯能市・日高市・東松山市・鶴ヶ島市・川越市・毛呂山町・鳩山町・越生町・滑川町・嵐山町です 外壁塗装屋根リフォーム専門店は坂戸市の株式会社色彩デザインまで 坂戸市にっさい花みず木2-6-2 生鮮市場TOP隣 お問合せ:0120-130-522   2021年07月29日 更新 詳しく見る
お知らせ

塗装しない方がいい?スレート瓦(コロニアル)

こんにちは。屋根・外壁塗装の 色彩デザインです   本日、鶴ヶ島市で外装劣化診断を行ってきましたが塗装をお勧めできない種類があります。 築18年 屋根スレート瓦 外壁窯業系サイディングボード それはスレート瓦の中でもノンアスベスト瓦になります。 2004年前後においてアスベスト(石綿)使用の規則の変更がありました。その年代で作成された瓦の中に脆弱なスレート瓦が存在します。ひび割れが多く発生し、塗装したとしても更なるひび割れの心配が残りますし、施工中に人が屋根の上に乗ります。 歩いて割れて、洗浄して割れて、直すために歩いて割れて、、、負の連鎖が起こりそうな予感がします。     この写真はベランダに脚立を立てて見渡せる範囲内のひび割れになります。(南面のみ)     塗装をお考え中の方 現状劣化のしっかりとした説明はありましたか?? 家を見に来た営業の人が塗装できる屋根と言ったらそのまま塗装されてませんか??   分からないからと言って営業の人の言いなりになってませんか?? お見積りを値段の見比べと勘違いしてませんか?           2021年06月20日 更新 詳しく見る
外装劣化診断お知らせスタッフブログ豆知識

毛呂山町で工事開始

こんにちは 屋根塗装・外壁塗装専門店 色彩デザインです。 本日から足場仮設工事が始まりましたので足場の確認と劣化具合の再確認を行ってきました。   屋根の棟の積み替え シーリング工事 外壁・付帯部塗装を行います。 シーリングが割れて 奥(青色)のボンドブレーカーが見えています。 破風板の木部は剥がれが著名です。木部用の下塗り剤をしっかりと塗装していきます。   工事が終わり次第、施工事例のページにて報告させていただきます。           2021年06月04日 更新 詳しく見る
着工・完工お知らせスタッフブログ

特殊塗装・グラデーション(特許付)

こんにちは 色彩デザインです。 本日は日高市の現場にてグラデーション塗装の現場に行ってきました。 現在、私が担当させていただいているご住宅で 外壁の最後の仕上げでベランダの外壁にグラデーション施工をします。 特許塗装になる為、私は完了検査と見学に!!   塗装を行うのは代表・小久保と 施工管理・石塚になります。(二人とも元職人で日々、現場作業も行っています)   下塗り・中塗り・上塗り まではこの状態! この状態からグラデーションをかけていきます。  グラデーションB↴      黒一色からここまで模様が付き、印象がガラッと変わります。 一色の塗りつぶしだけでは出せない特許塗装!!   色彩デザインの店舗に他の色のサンプルが展示してありますので 気になる方はお気軽にご来店ください。  2021年05月08日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ

モニエル瓦(外装劣化診断)

こんにちは 色彩デザインです。   本日、外装劣化診断を行ったご自宅にモニエル瓦が施工されていました。 お話を伺った際に がな屋根は塗装の必要ないと思っていたそうです。 その原因としては建物を建てる際に屋根の建材として スレート瓦 or   瓦 の2択しかなく、さらに説明もほとんどなかったそうです。 大体の方は瓦と言われると和瓦(日本瓦)を想像されます。確かに日本瓦の場合は塗装の必要性はありませんが                 日本瓦↑(築30年以上)      ↓モニエル瓦は塗装が必要です。(築20年)   コケが発生し黒ずんでいるのが分かるかと思います。 雨水が浸透し、湿気帯びた状態が繰り返された結果です。     2021年05月02日 更新 詳しく見る
外装劣化診断お知らせスタッフブログ豆知識

築8年 スレート瓦・窯業系サイディング

こんにちは 色彩デザインです。   本日、坂戸市で外装劣化診断に行ってきました。   築8年 屋根はスレート瓦・外壁は窯業系サイディングが施工されていました。 スレート瓦は工場出荷時にアクリル塗装(約7年程度の耐久性)になります。 吸水テストを行った結果、ご覧の通り水をかけた所だけ色味が濃くなっており防水性がない為、雨水が流れ落ちてきません。 やはり、アクリル塗装の防水が切れて瓦に水が浸透しています。   その他にも北面に関してはコケが発生しています。 コケの発生は雨水が停滞していることを表しています。 雨が降る度に瓦に水が浸透し屋根の建材自体の劣化が進んでいきます。 建材自体の劣化を伴い、脆弱化した瓦は自然の環境下の中でひび割れが発生し ヒビの間から雨水が瓦の裏側まで入り込みます。 建物をこれ以上に劣化させないためには早急なメンテナンスが必要な状態にあります。   外壁の防水シーリング部分に大きな裂け目があります。部分的だけでなく、建物全体的に同じ症状がありました。     2021年05月01日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ豆知識

鳩山町目白台で外装劣化診断

こんにちは 色彩デザインです。   先日、鳩山町目白台で外装劣化診断を行ってきました。 築18年経過しており、屋根は粘土瓦、外壁は窯業系サイディングになります。   屋根は塗装の必要性はありませんがひび割れやズレ、漆喰、棟瓦、ケラバ瓦を固定しているビスの状態を確認していきます。 平瓦の割れやズレはなく一見すると問題ないように見えますが棟瓦やケラバ瓦を留めている釘の抜けが経年劣化により起きておりました。 自然環境下の中で釘が全体的に写真の通りになっております。 棟瓦の釘頭にはパッキンが付いておりますが、浮いた隙間に雨水が入っていき中の木を腐食させる可能性があります。     外壁は表面の防水性よりもシーリングの劣化が激しく雨水の侵入を許しておりました。       シーリング隙間から侵入した水が建物の建材を長い時間をかけて反りの症状が見受けられました。 一度、反ってしまったボードは元に戻せませんので早めのメンテナンスが必要になってきます。         2021年04月21日 更新 詳しく見る
お知らせスタッフブログ豆知識