現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お知らせ > 屋根や外壁の悪質業者に要注意!困ったときは有資格業者「色彩デザイン」へお電話ください!

屋根や外壁の悪質業者に要注意!困ったときは有資格業者「色彩デザイン」へお電話ください!

お知らせ 2024.01.21 (Sun) 更新

屋根や外壁の悪質業者に要注意!困ったときは有資格業者「色彩デザイン」へお電話ください!

飯能市、日高市の皆様こんにちは!! 

飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社色彩デザインです!


みなさんこんにちは!

屋根や外壁の修理や塗装といったリフォーム関連で詐欺事件、悪質な業者が横行しています。

2024年1月1日の能登半島地震以降、石川県を中心にリフォーム詐欺事件が頻発しているというニュースを連日目にするようになりました。災害があった地域では、このような詐欺事件が頻発しやすくなります。

ですが、災害地域以外でも、屋根や外壁のリフォーム詐欺は起こっています。2022年からリフォーム関連の詐欺事件や消費生活センターへの相談が倍増しているというデータからも、その流れは顕著になっていると言えるでしょう。

そこで今回のブログでは、屋根や外壁リフォームの悪質業者対策についてお話ししていきたいと思います。

株式会社色彩デザインには、外装劣化診断のプロである資格「外装劣化診断士」や雨漏り診断のプロ「雨漏り診断士」の有資格者が在籍しております。もし、あなたのご自宅に怪しい業者が訪問してきたら、迷わず当社にご連絡ください。

0120-130-522
(受付10:00~19:00 水曜定休※飯能店は日曜定休)

間違ってもその場で契約をしたり、屋根の上に業者を上げるといったことはしないでください!悪質な業者の中には、なにも壊れていない屋根に登って、屋根材を蹴り割ってから「屋根が破損していましたよ~」と屋根リフォーム契約を勝ち取ろうとする輩もいます。

怪しい…と思ったら、いくら無料だとしても、絶対に外壁や屋根の点検はさせないでくださいね!無理やり住まいの敷地に入ろうとした場合は住居侵入罪にあたります。すぐに警察に電話しましょう。

外壁・屋根リフォームトラブルの相談件数の激増理由は?

外壁・屋根リフォームトラブルの相談件数の激増理由は?

画像引用元:公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター|住宅相談統計年報2023

結論から言うと、住宅リフォームに関するトラブルは2010年を皮きりに年々増加しています。2013年の9,013件と比べると、2022年の12,243件は約1.3倍!47都道府県で割ると、1県あたり260件ものトラブルが報告されていることになります。

2011年以降の増加理由は「災害」が影響している

グラフを見ると、2011年以降から急激にトラブル数が増加しています。2011年といえば「東日本大震災」があった年です。2024年1月1日に発生した能登半島地震でリフォーム関連トラブルが激増している、といった報道が増えています。つまり、大災害の発生以降はリフォームトラブルが増加するという図式が成り立つのです。

また、ここ5年近くで考えると、線状降水帯の発生や台風の増加などもリフォームトラブルの要因として考えられます。一般の方にとって、地震や台風はなるべく避けたい災害ですが、悪質な業者、詐欺業者にとってはまさに「ビジネスチャンス」とも言えるタイミングなのです。

消費者庁などの行政からも注意喚起が増えた

消費者庁などの行政からも注意喚起が増えた

画像引用元:消費者庁ホームページ:悪質なリフォーム事業者にご注意ください!!

実際に消費者庁でもリフォーム詐欺への注意喚起ページが作成されていました。内容をわかりやすく解説します。

【手口】

①業者が「無料診断をやっています」という言葉で自宅へ訪問する。

②「異常がありますね」などの言葉で不安を煽り、その場でリフォーム契約を勧めてくる。

【対策】

①契約書を受け取ってから8日間以内に書面もしくは電子メール等の「電磁的記録」で契約解除「クーリング・オフ」が可能。

②不要なリフォーム契約をした場合は、消費者ホットライン「188」や住まいるダイヤルに相談しましょう。

悪質な業者に限らず、リフォームの訪問販売は基本的に「無料サービスの提供」から商談がスタートします。無料サービスのほとんどは「無料外壁劣化診断」や「無料雨漏り診断」といったものです。この「無料」という言葉には要注意!

「無料だったらお願いしてみようかしら…」という心理が働いてしまうと、トントン拍子に契約に持っていかれます。悪質な業者は診断結果が良くても悪くても「異常がありました」と言います。この「異常」という言葉は不安をかきたてるキーワードですよね。

無料×異常。このキーワードが後々のリフォームトラブルを招くことになるのです。ほかにもさまざまな手口でリフォーム契約を結ぼうと画策しています。

屋根や外壁リフォームの悪質業者に多い手口5選

屋根や外壁リフォームの悪質業者に多い手口5選

「無料診断からの不安をかきたてる言葉」は1つの手段、手口です。この他にもさまざまな手口があります。この章では、屋根や外壁リフォームの悪質業者によく見られる手口を5つご紹介します。

おもな手口は以下の通りです。

  • 訪問販売による営業
  • 無料点検からの高額請求
  • 火災保険を利用した無料修理の提案
  • キャンペーンや値引きを餌にした契約促進
  • 屋根の破損や劣化を理由にした訪問営業

    屋根や外壁リフォームの悪質業者に多い手口①訪問販売による営業

    悪質業者は訪問販売を利用して顧客を獲得するケースが多く、訪問販売=悪質業者と認識されているのが現状です。実際には悪質ではない大手業者でも訪問販売を行っているところはありますし、法律にのっとった訪問販売をしている業者もいます。

    悪質業者が訪問販売をメインの営業活動にしている理由は知名度や地域での信頼が低いためです。知名度や信頼度が低いため、訪問販売でしか顧客を獲得できないのです。

    訪問販売をメインの営業活動にしている悪質な業者は、しばしば誇大広告や不正確な情報を提供します。住民が情報をあまり知らないことを利用し、不要な工事や過剰なサービスを強引に進めることがあります。

    契約の際には高圧的な態度で不安を煽り、契約へと迫る手法も一般的です。正当な業者であれば、訪問販売に頼ることは少なく、多くの場合は口コミや実績に基づいて顧客を獲得します。訪問販売であっても、法律や条例にのっとったうえで契約をしています。

    屋根や外壁リフォームの悪質業者に多い手口②無料点検からの高額請求

    無料点検を行うと称して訪問し、実際には問題がないにもかかわらず「危険がある」と不安を煽り、高額な工事契約やサービスの購入を迫る手口があります。

    この手法では、初めにリスクがないように見せかけ、無料点検の名目で家屋に入ります。その後、実際には存在しない問題をでっち上げ、住民を恐れさせて契約を迫るのです。悪質業者の手口としては、この問題に対して急を要する修理や即時の工事を勧めてくる点が挙げられます。緊急工事というものは、悪質ではない業者でも高額な請求につながります。

    工事をしてから言い逃れしやすいように「緊急工事」という名目で契約を迫ってくるのです。こうした業者は、専門知識を持たない住民を狙い、錯誤を利用して契約を迫るため十分な注意が必要です。

    屋根や外壁リフォームの悪質業者に多い手口③火災保険を利用した無料修理の提案

    「火災保険を利用して無料で修理できます」という営業トークで、屋根修理・リフォームの契約を迫る業者がいます。実際には、火災保険の適用条件が厳しいため、必ずしも修理費用全額をカバーできるわけではありません。

    このような業者は、消費者が保険の詳細を十分に理解していないことにつけ込みます。保険適用の可能性を示唆し、消費者を誤解させるのです。

    保険の適用は限定的であり、多くの場合、すべての修理費用がカバーされるわけではありません。この手法を用いる業者は、通常、適切な見積もりや明確な説明を避ける傾向にあります。

    屋根や外壁リフォームの悪質業者に多い手口④キャンペーンや値引きを餌にした契約促進

    大幅な値引きやキャンペーンを理由に、即日での工事契約を迫る業者が存在します。この手口は、とくに期間限定のキャンペーンを強調し、消費者の判断を急がせることが特徴です。

    しかし、元々の見積もりが異常に高いため、実際の値引き後の価格が市場価格と変わらない、またはそれ以上であることがほとんど。

    さらに、急いで契約を結ばせることで、消費者が他の業者と比較検討する機会を奪うことも目的です。手抜き工事のリスクもあり、表面的には問題が見えない場合でも、後に大きなトラブルに発展する恐れがあります。

    屋根や外壁リフォームの悪質業者に多い手口⑤屋根の破損や劣化を理由にした訪問営業

    「お宅の屋根に破損があります」と言って訪問する業者がいます。実際には屋根に問題がないにもかかわらず、業者は修理を強く勧めることがあります。この手口では、業者が屋根の状態を誤って説明したり、存在しない問題を作り出したりするのです。

    以下のような実例があります。

    ある塗装業者が請け負っていた現場の近隣において「さきほど近くの〇〇邸で工事をしていたA社と言いますが、足場からお宅の屋根が破損しているのが見えまして、一度無料でチェックさせていただけませんか?」というトークで①や②のような手口で契約してしまった、というものです。

    実際にはその塗装業者とはまったく関係のない業者で、かなり高額な請求をされたそうです。「A社から委託されている…」と言っていたそうですが、A社は実際に委託をしたこともなく、さらにはその営業マンが誰なのかも知らないという状況だったとか。

    屋根は一般の方が容易にチェックできない部分であるため、業者の言葉を信じやすくなります。また、近所で工事をしていたという実際に目にしていたという経験もあるため、信じやすくなっているのです。

    本来であれば、近隣で工事をしていて、足場から屋根の破損が見えたからといって、無理やりに屋根の点検をするようなことはありません。

    このような場合、ほかの専門業者にセカンドオピニオンを求めることが重要です。実際には問題がない場合にも、不必要な工事で高額な費用を請求されるリスクがあるため、十分に注意が必要です。

    「この業者、なんか怪しいな…」と思ったら外装劣化診断・雨漏り診断の有資格者がいる色彩デザインにご相談ください!

    「この業者、なんか怪しいな…」と思ったら外装劣化診断・雨漏り診断の有資格者がいる色彩デザインにご相談ください!

    株式会社色彩デザインには、外装劣化診断のプロである資格「外装劣化診断士」や雨漏り診断のプロ「雨漏り診断士」の有資格者が在籍しております。もし、あなたのご自宅に怪しい業者が訪問してきたら、迷わず当社にご連絡ください。

    0120-130-522
    (受付10:00~19:00 水曜定休※飯能店は日曜定休)

    悪質な業者はさまざまな手口で高額な工事契約を結ぼうとやっきになって迫ってきます。毅然とした対応ができれば良いですが、そうでない場合は、迷わず第三者機関に通報、相談しましょう。

    絶対にその場で契約はしないこと。安易に敷地内に立ち入れさせたり、屋根の上に登らせたりすることも厳禁です!

    💬「懇意にしている業者さんに点検してもらうから結構です!」

    💬「知り合いの業者さんに連絡するので、その場で待っていてもらって良いですか?」

    このように伝えることで、急いで立ち去るような業者は悪質な業者、詐欺業者の可能性大!十分にご注意くださいね!不安ならばすぐにお電話ください!当社の診断士がすぐに駆け付けます!

    あなたからのご連絡、ご相談を心よりお待ちしております!

    ご相談無料見積無料無料診断
    外壁塗装に関するご相談はお気軽に
    ご来店・お電話・メール下さい

    0120-130-522受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)


    坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

    株式会社色彩デザイン

    飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント

    坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2

    外壁塗装のプロに相談しよう!

    今だけ!見積もり依頼クオカード500円分進呈!!

    坂戸店来店予約 飯能店来店予約

    お見積もりを取られている方へ!

    相談・見積・診断は無料です。お気軽に!!

    お気軽にお問い合わせ下さい!

    0120-130-522 受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)