現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 飯能市に外装劣化診断でお伺い致しました。

飯能市に外装劣化診断でお伺い致しました。

スタッフブログ豆知識 2020.12.24 (Thu) 更新

こんにちは、営業担当の小野です。

先日、飯能市に外装劣化診断でお伺い致しました。

 

今回のご住宅はパワーボードとも呼ばれるALC(軽量気泡コンクリート)のご住宅でした。

 

内容成分にセメントが含まれるため、こちらも塗装とシーリング材による防水の対策がなされています。

 

内部に水が浸入すると、内部構造の鉄筋が腐食し、最悪の場合には内部から外壁が割れてしまう「爆裂」、断熱材を腐食させてしまう恐れがあります。

 

このように、ひび割れが起きている状態は、水の侵入が懸念される状況となります。

 

目地シーリング材が破断し、素地が露出している状態となっています。

 

どの建材でも、やはり水の侵入が最も損傷を与える原因となります。

雨漏りなど、大きな被害が起きる前に

事前調査の大切さ、処置の方法を知っている弊社まで、是非お問い合わせください。

#飯能市#広報はんのう#広報はんのう掲載#市報#市報掲載#外壁塗装飯能市#屋根塗装飯能市#屋根外壁塗装飯能市#色彩デザイン#色彩デザイン飯能店#色彩デザイン塗装#色彩デザイン外壁塗装#色彩デザイン屋根塗装#飯能市塗装#飯能市外壁塗装#飯能市屋根塗装#屋根カバー#屋根カバー工法#カバー#カバー工法#外壁カバー#外壁カバー工法#飯能市#日高市#毛呂山町#越生町#鶴ヶ島市#鳩山町#地域密着