現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 毛呂山町に外装劣化診断に行ってきました!

毛呂山町に外装劣化診断に行ってきました!

2021.01.28 (Thu) 更新

こんにちは、色彩デザイン石塚です!

先日は毛呂山町外装劣化診断に行ってきました。

屋根はセメント瓦で外壁はモルタル壁になっておりました。外壁はクラック・チョーキング・吸水等の劣化症状が見受けられました。

屋根のセメント瓦は吸水症状があり、棟瓦は釘が抜け出てしまっていました。釘が抜け出ていると瓦と釘の隙間が雨水の入口になってしまうので、下地の木を腐らせてしまう前に早めに対処した方が良いです。

下地の木が腐ると棟瓦の自重のみで乗っかっている様な状態になるので、強風でズレてしまったり最悪の場合下に落ちてくることもあります。このような状況はセメント瓦のみでは無く、陶器瓦や粘土瓦でも起こる症状ですので瓦屋根のお家はご注意ください。

今回のお客様の場合はセメント瓦ですので、塗装工事が必要です。

塗装を行う前に釘の打ち直し、もしくはビスへの交換を行ってから塗装工事に取り掛かりたいと思います。

ただ塗っただけでは棟瓦が落ちてくる可能性は消えません。

お客様に十数年に一度の工事になりますのでより長く・安心してお住まいになれるよう最善を尽くさせて頂きます。

御見積のお渡しはこれからですが、是非当社にお任せいただければ幸いです。

 

リフォームも得意な

外壁塗装・屋根塗装専門店色彩デザイン

坂戸市・毛呂山町・鶴ヶ島市・越生町・飯能市・日高市

 

・施工事例

・外装劣化診断のお申込み

・会社概要

 

坂戸店/坂戸市にっさい花みず木2-6-2 生鮮市場TOP隣

飯能店/飯能市中居30 プリミテージュ1F