現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お知らせ > 日高市武蔵台に外装劣化診断に行ってきました。

日高市武蔵台に外装劣化診断に行ってきました。

こんにちは 色彩デザインの新(あたらし)です。

本日は屋根塗装・外壁塗装のお見積りのご依頼をいただきましたので劣化診断に行ってきました。

前回の塗装から6年経過し塗り替えのご検討に入ったそうです。

一般的には10年単位での塗り替えをご検討される方が多い中、早めのご依頼をいただきました。

 

6年しか経過していませんが、劣化診断の結果

塗装が必要と判断いたしました。その結果を簡単にまとめます。

まず、屋根に関しまして表面の色むらが激しく表れており、場所によっては前々回の塗装のお色(青)が見えているところがありました。さらにお水の浸透が見受けられ表面の防水性がなく、前回の塗装が防水の役割を終えておりました。

こうなってしまうと、雨が降る度に雨水が浸透し建物内部に入り込もうとします

 

次は外壁に関しまして

チョーキング(手袋の写真)が発生しており、塗り替えのサインになります。

2枚は一部、色が違うところが分かりますか??

大きな塗り残しになります。。。

 

全体的に観察をしても下塗り塗料が多数、透けていました。

それでは到底、メーカー発表の期待耐久年数を実現することは難しいです。

 

相談者様は今回の塗装工事は目先の金額にとらわれず、しっかりとした工事を望まれておりました。