現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 川越市で外装劣化診断を行いました!

川越市で外装劣化診断を行いました!

外装劣化診断 2021.08.02 (Mon) 更新

外壁塗装・屋根塗装 専門店の色彩デザインです。

 

川越市で外装劣化診断を行いました!

屋根はスレート瓦で外壁はモルタル壁のお家でした。

梯子から屋根に上がらせていただき、ビデオで診断をさせて頂きましたが

前回の塗膜は劣化し チョーキング・吸水・クラック・苔・棟板金釘浮き・変形などの劣化症状が見受けられました。

前回塗装時は釘に関して何も行ってなく、浮いた釘をそのまま塗りこんでしまっていました。

外壁は現状

チョーキング・吸水・クラック・苔等の劣化症状があり、付帯部では雨樋が勾配不良により雨水が溜まってしまっておりました。

雨樋は20年~25年程度の耐候性となっておりますので今回の塗装のタイミングで交換しておくのが良いタイミングですのでお客様に交換のご提案をさせて頂きました。

外壁・屋根共に80%以上がセメント塗装により防水性を持たせている建材ですので、劣化症状から塗装工事を行わなければいけない時期となっておりますので塗装工事のご提案をさせて頂きます。

お客様にとってより良い工事をご提案できる様努めさせて頂きます。

株式会社色彩デザイン

対応エリア

坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町・越生町・日高市・飯能市・川越市・東松山市