現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > スレート瓦 コロニアル NEO 

スレート瓦 コロニアル NEO 

スタッフブログ豆知識 2021.08.07 (Sat) 更新

こんにちは、坂戸市外壁塗装 屋根塗装専門店の色彩デザインです。

今回は塗装してはいけないスレート瓦(コロニアル)のお話です。

こちらは現在当社にて外壁塗装と屋根のカバー工事を行わさせて頂いてるお家のお写真です

 

高圧洗浄後の写真

 

外装劣化診断時に多くのひび割れが見受けられカバー工事のご提案をさせて頂きました。

こちらの建材はスレート瓦と言う屋根材ですが、ノンアスベストタイプのコロニアルNEOという商品になっております。

こちらの屋根は塗装を行っても建材自体が脆弱な為またすぐにひび割れが発生してしまいます。

数十万費用を掛けたメンテナンスがひび割れ発生しますと意味がなくなってしまいますので、建材の見極めがとても重要です。

他にも不具合の出やすいスレート瓦、塗ってはいけない屋根がたくさんあります。こういった建材の見極めができない業者に工事を依頼してしまうとお金を捨てた様な物になってしまいますのでご注意を。

屋根の塗装とカバー工事では塗装の方が費用はお安く済みますので相見積もりを取り、数社見比べると塗装の提案のお見積りの方が圧倒的に安いです。

しかし安さで業者選びをしてしまうと塗っても意味ない建材を塗装で済まされてしまったり、塗装工事をしたら雨漏りしてきたや10年持つといわれたのに5年で剥がれてきてしまったなどなど、、、

業者選びは慎重に行いましょう。

 

外装劣化診断士・一級塗装技能士のいる塗装店 株式会社色彩デザイン

坂戸店・坂戸市にっさい花みず木2-6-2

飯能店・飯能市中居30 プリミテージュ1F

 

対応エリア

坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町・越生町・日高市・飯能市・川越市・東松山市