現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 坂戸市で外装劣化診断を行いました!

坂戸市で外装劣化診断を行いました!

外装劣化診断 2021.09.06 (Mon) 更新

飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根塗装専門店 色彩デザインです。

 

こんにちは 先日、坂戸市にて雨漏りにお困りのご住宅にて劣化診断を行ってきました!

 

3階建ての住宅になりまして、3階の天井が落下してきている状況となります。

昨年から雨染みや少量の水滴が気になっていたようですが少し様子を見ていたところいつの間にか惨事になっていたそうです。

 

 

垂れ下がっているのは屋根裏に施工された断熱材になります。

 

雨水の侵入口は点状より上からの可能性が高い為、ドローンを飛ばして撮影を行いました。

 

屋根材はガルバ二ウム折板屋根が施工されており、周りは笠木鋼板が施工さています。

今回の雨漏りの原因は水色の印が付いている笠木鋼板部分からが可能性が非常に高いです。

 

 

笠木鋼板の部分は平らになっている為、雨水をお皿状に受け止めています。

施工当初はシーリングなどで防水の処理をしていましたが、経年劣化により釘が浮いたりシーリングが裂けることによって

屋根裏まで浸透していきます。

 

本来の笠木を止める釘は横から固定を行います。

それが最初の施工時になっていればここまでの雨漏りにはならなかったと思います。

 

 

 

色彩デザイン 新