現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 坂戸市で外装劣化診断を行いました。

坂戸市で外装劣化診断を行いました。

外装劣化診断 2021.11.23 (Tue) 更新

坂戸市 飯能市 外壁塗装屋根塗装専門店の色彩デザインです。

坂戸市で外装劣化診断を行いました。

こちらのお家は屋根はスレート瓦で外壁はサイディングのご住宅になります。

屋根は吸水や苔・ヒビ割れ等の症状が有り、層間剝離の発生も見受けられました。

上記の様な症状が発生している屋根は塗装不可となります。厳密に言うと塗装はできるのですが意味が無いという方が正しいです。ひび割れなど補修して塗装を行っても直ぐにまたひび割れや剥離が発生します。

そうなると塗膜による防水が無くなりますので意味が無いという事になります。

この様な症状の屋根はカバー工事によるメンテナンスになりますのでスレート瓦屋根お家は現在の症状に注意してください。

外壁はサイディングで築10年以上経過ですがチョーキングや吸水等の症状が無く良好な状態でした。しかし外壁目地やサッシ廻りのシーリングは切れが発生しており再施工の必要な状態です。

シーリング施工の際に外壁も同時に行ってしまうのが費用としては抑えられますので同時施工を推奨しております。ただ外壁は現状劣化しておりません。通常のサイディングでは工場出荷当時の塗膜は比較的安価な塗料が使用されており10年経たずに劣化してきます。

しかし10年以上経っていても劣化症状が無いサイディングは高意匠サイディングの可能性が有ります。通常の塗料より高耐久なフッ素や無機などの塗料を使うことによりサイディング自体の耐候性を高めたサイディングです。見た目での判断が難しく症状から見極める必要があり、通常の塗装工程と下塗りの段階で違いが有ります。高意匠サイディングに通常サイディングの下塗りを行うと剥がれます。

お家を建てた建設会社や工務店さんでも知らない可能性が有りますので注意してください。

 

株式会社 色彩デザイン

坂戸店・坂戸市にっさい花みず木2-6-2

飯能店・飯能市中居30プリミテージュ1F