現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 坂戸市に外装劣化診断でお伺いしました

坂戸市に外装劣化診断でお伺いしました

2021.11.23 (Tue) 更新

お世話になっております。

色彩デザイン営業担当 新です。

本日は坂戸市に外装劣化診断でお伺いしました。

屋根はスレート瓦で、外壁はモルタル外壁のお住まいになります。

 

以前の現場ブログでもご紹介しましたが、屋根の瓦はパミールというノンアスベストのスレート瓦が使用されており、

すでに表面の剥がれ、ミルフィーユ状に剥がれていく層間剝離を起こしている状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

左写真は実際のパミールのサンプルとなります。

中央より2つは表面が剥離したもの、左のものは実際に層間剝離を
起こし、耐久性が失われたものとなります。

 

 

 

 

 

 

 

左の写真は実際に剥がれている部分が確認できるものとなります。

このように脆く、内部から損傷が出てしまい、塗装施工は不可能な
ため、金属カバーを被せる施工が必要となります。

 

 

 

 

 

 

また、モルタル外壁にはひび割れ、苔の繁殖が見られました。

モルタル外壁は塗装による防水施工がされておりますが、経年劣化により雨水を吸収してしまうと、

上記のような症状が発生し、内部構造に大きな損傷を与えてしまうものとなります。

苔は高圧洗浄にて削り落とし、ひび割れは補修をしてから塗装施工を行います。

 

 

外壁はご自身での確認や、施工業者からの指摘により目視で確認できますが、

屋根への損傷は下から確認することが出来ないため、気づかないうちに劣化を起こしている可能性があります。

外装劣化診断士の資格を持った者による診断と、的確な診断報告及び施工の提案をさせて頂きます。

屋根に上らず、劣化状況を確認せずに施工をし、トラブルとなるケースが今現在でも絶えない状況となっておりますので、

お住まいのことで気になる方、ご心配な方は是非色彩デザインへお問い合わせ下さい。

坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社 色彩デザイン

坂戸店・坂戸市にっさい花みず木2-6-2

飯能店・飯能市中居30プリミテージュ1F