現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外装劣化診断 > 鶴ヶ島市で外装劣化診断を行いました

鶴ヶ島市で外装劣化診断を行いました

外装劣化診断 2021.12.09 (Thu) 更新

こんにちは、坂戸市・飯能市 外壁塗装屋根塗装専門店の色彩デザインです。

 

鶴ヶ島市で塗装お見積り前の劣化診断を行ってきました。

屋根はスレート瓦で現状としては

色褪せ・チョーキング・クラック・吸水・雨染み・縁切り不良等の症状が見受けられ、判断としては塗れなくは無いといった状態でした。

アスベスト入りのスレート瓦の為建材自体の強度は問題有りませんが縁切り不良にやや不安が残る状況です。前回屋根塗装時に縁切りを行った形跡が無いため瓦重なり部分に水が溜まりその溜まった跡が屋根塗膜表面に残っています。今回塗装の場合は縁切り部材を使用しますが重なりがくっついてしまっている部分は金属ヘラなどで隙間を開ける必要があり最悪の場合スレート瓦を割ってしまう恐れがあります。また診断時屋根に上がり確認を行いましたが屋根下地合板がたわむ様な症状も確認しております。

先の事を考えなければ塗装一択で良いかもしれませんが紫外線や雨以外にも風の影響なども考えられます。

ただ塗るのではなく建物を災害から守るという点においては塗装だと不安が残る為

塗れなくはないと判断させて頂きました。

現状や今後の不安点、塗装と屋根カバー工事のメリット・デメリットどちらもお話させて頂き両プランのお見積りを作成させて頂きました。

塗装工事は綺麗にするだけでなく、建物を雨や風・紫外線から守る工事になります。

今のご提案の内容でお家を守ることができるのか?を一番に考えお客様にもご判断いただければと思います。

後悔の無い工事を皆様にしていただければと思います。

 

外壁塗装屋根塗装専門店

株式会社 色彩デザイン

坂戸店・坂戸市にっさい花みず木2-6-2

飯能店・飯能市中居30プリミテージュ1F