現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 建材 > 塗料 > ウレタン塗料で外壁と屋根を塗装!ウレタン塗料のメリット・デメリット

ウレタン塗料で外壁と屋根を塗装!ウレタン塗料のメリット・デメリット

塗料 2024.01.25 (Thu) 更新

ウレタン塗料で外壁と屋根を塗装!ウレタン塗料のメリット・デメリット

飯能市、日高市の皆様こんにちは!! 

飯能市・坂戸市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社色彩デザインです!


お住まいのリフォームや定期メンテナンスで使われる「塗料」には、いくつかの種類が存在します。それぞれに特徴があり、費用も効果の持続性などの要素によって上下します。

ウレタン塗料は塗装工事に使われている塗料の中ではポピュラーで、価格も安定した扱いやすい塗料です。

今回のブログでは「ウレタン塗料」についてくわしくお話ししていきたいと思います。

ご相談無料見積無料無料診断
外壁塗装に関するご相談はお気軽に
ご来店・お電話・メール下さい

0120-130-522受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)

ウレタン塗料の種類

ウレタン塗料の種類

ウレタン塗料に使われている「ウレタン」とは、正式名称を「ポリウレタン」といいます。近年のウレタン塗料の主流は、アクリルポリオール樹脂を主材とする「アクリルウレタン樹脂塗料」です。仕上がりや耐久性に優れている人気の塗料になります。

一言に「ウレタン塗料」といっても、その中に4つの種類が存在します。

  • 水性塗料
  • 油性塗料
  • 1液性
  • 2液性

それぞれの持つ特徴を知っておくと、メンテナンス依頼時に「次のメンテナンス」までどれくらいの期間を設けられるかの判断ができるでしょう。

ウレタン塗料①|水性塗料

水性のウレタン塗料は、他の塗料に比べ以下のような特徴を持っています。

  • 費用が安い
  • 臭いが少ない
  • 耐久性に乏しい

比較的扱いやすく、使う場所を選ばないという点ではとても優れているのが水性塗料の特徴です。反対に、耐久性の乏しさから「屋外で風雨に晒された際の劣化が早い」というデメリットを持っています。

さらに、塗装後の乾燥も早く、塗膜を薄くできるので汚れがつきにくいというメリットがあります。

ウレタン塗料②|油性塗料

油性のウレタン塗料の特徴は以下の通りです。

  • 費用が高い
  • 臭いが強い
  • 耐久性が強い

水性塗料に比べとても臭いが強いため、屋内での使用には適していません。使用時には溶剤を使用して粘度を下げて、伸びを確保しながら使用します。塗料そのものの粘度が高く、取り扱いには慣れが必要です。

その代わり、耐久性が非常に高いため、風雨に晒される場所でも十分なロングライフ性能を発揮してくれる塗料です。粘性の高さから塗装後の塗膜を厚くできるので、光沢感のある仕上がりになるのが特徴です。

ウレタン塗料③|1液型

ウレタン塗料③|1液型

1液型のウレタン塗料の特徴は、水性・油性とは少し異なります。

  • 比較的低コスト
  • 薄め液やシンナーが必要
  • 用途が限られる

使用時に必ずシンナーを使うため、使用できる材料に限りがあります。木材や鉄板への施工はできますが、プラスチックやポリエチレン製の製品に対する塗装はできません。サイディングのような外壁にはとても相性の良い塗料です。

苔やカビの発生を防ぐ効果が強いので、外壁や屋根への施工にとても適しています。

ウレタン塗料④|2液型

2液型のウレタン塗料は、プロがよく使用する高性能な物が多いです。

  • 主材と硬化剤を混ぜ合わせ、溶剤で希釈して使用する
  • 扱いが難しい
  • 保存期間が短い

主材と硬化剤の混合比率を間違えると、本来の性能を十分に発揮できないため、素人が使うには適していません。しかし、適切な混合比率でできた塗料は、耐久性・耐候性・保持性のどれもがとても優れています。

ただし、混合後の塗料は保存ができないので、適量の見積りを間違えると破棄しなければならないのが大きなデメリットです。塗装面が増えたり、適切なスピードでの作業ができなかったりすると、余計なコストがかかってしまう恐れもあるのです。

そのため、2液型のウレタン塗料を使用できる施工業者は確かな技術力を持っているという判断材料にもなります。外壁や屋根に塗装した後は、次のメンテナンスまでの期間を長く確保できるでしょう。

ウレタン塗料のメリット

ウレタン塗料のメリット

ウレタン塗料の持つメリットは以下のものが挙げられます。

  • 種類の多さ
  • 汎用性の高さ
  • 弾性に富んでいる
  • 高級感のある仕上がり
  • 施工時のコストを抑えられる

これらのメリットについて見ていきましょう。

ウレタン塗料のメリット①|種類の多さ

ウレタン塗料の歴史は長く、先にも挙げたように豊富な種類が用意されています。住宅以外にも使用される塗料なので、色の種類もとても豊富です。過去に使用されてきた塗料に比べ耐久性や防カビ性能が高いのも特徴で、施工後の建物の寿命を伸ばすのに効果的です。

ウレタン塗料のメリット②|汎用性の高さ

ウレタン塗料は、建物全体を塗装できるという汎用性の高さが魅力です。ウレタン塗料の種類ごとに使用箇所を分けることで、そこに適した施工を行えます。

さらに、ウレタン塗料の使用を長く続けている業者も多いため、職人も扱いに慣れているというのは大きなアドバンテージになるでしょう。

ウレタン塗料のメリット③|弾性に富んでいる

ウレタン塗料のメリット③|弾性に富んでいる

塗料の中には、乾燥後に縮みやすいものもあります。しかし、ウレタン塗料は乾燥後の縮みが少なく、弾性を持った状態で固まってくれるので、揺れや歪みが発生した際に「塗面が割れづらい」という特徴を持っています。

地震の発生で塗膜が割れるということは少なく、仮に外壁そのものにクラックが入った場合でも塗面が保持してくれる場合もあります。

もちろんクラックが大きければ塗料も一緒に引きちぎれてしまいますが、隙間が開かないような規模の小さな状態であれば、そこからの雨漏りを防ぐことも期待できるのです。

ご相談無料見積無料無料診断
外壁塗装に関するご相談はお気軽に
ご来店・お電話・メール下さい

0120-130-522受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)

ウレタン塗料のメリット④|高級感のある仕上がり

外壁に使うウレタン塗料は、基本的に塗膜を厚くできるため、光沢感を持った状態で仕上がります。この光沢感が高級感につながるのです。

ウレタン塗装は、自動車の塗装や高級家具の塗装にも使われているので、同じレベルの光沢感を建物に施せるということです。

ウレタン塗料のメリット⑤|施工時のコストを抑えられる

ウレタン塗料は歴史が長いため、すでにコストが安定しているのは大きなメリットです。低コストでありながらも一定以上のロングライフ性能を確保できるので、メンテナンス見積りはかなり抑えられる傾向にあります。

ウレタン塗料のデメリット

ウレタン塗料のデメリット

メリットの多いウレタン塗料ではありますが、実際にはいくつかのデメリットも孕んでいます。

  • 塗料が膨らみやすい
  • 耐久性が低い
  • 紫外線の影響
  • ランニングコストの高さ

これらデメリットについてもご紹介します。

ウレタン塗料のデメリット①|弾性に富んでいる塗膜が膨らみやすい

外壁に使うウレタン塗料の多くは、塗膜を厚くできるというメリットがあります。しかし、このメリットが反対に作用してしまうという点を忘れてはいけません。

外壁に断熱材が入っている場合、内側から熱が伝わることで「塗膜の内側から乾燥が始まる」という現象が発生します。すると、密着力を発揮する前に乾燥した塗料は、外壁から剥がれてしまい浮いてしまうのです。

この浮いた場所が膨らんでしまい、適切な塗装が完了できないのです。また、外壁に付着している「錆・汚れ・埃・砂つぶ」などの影響で、外壁と塗料の噛みつき具合が弱くなってしまうことで、完全には塗料が乗らない部分があると、そこから塗装が膨らむというケースもあります。

ウレタン塗料のデメリット②|耐久性が低い

現在はウレタン塗料以上に耐久性の高い塗料がいくつかあります。そのため、ウレタン塗料で施工した場合、より高性能な塗料よりも耐久性が劣るのは仕方がありません。

高耐久塗料の代表として「フッ素塗料」を挙げると、フッ素は「約12年」ほどの耐久性を約束されています。対して、ウレタン塗料の耐久性は「5〜10年」と言われているので、最短で考えると「フッ素よりも2回」は多く定期メンテナンスが発生するということになります。

ご相談無料見積無料無料診断
外壁塗装に関するご相談はお気軽に
ご来店・お電話・メール下さい

0120-130-522受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)

ウレタン塗料のデメリット③|紫外線の影響

ウレタン塗料の特徴として、劣化が始まると「黄色く変色する」という現象が確認できます。この変色の原因が紫外線で、変色し始めた外壁面や屋根は決して美しくありません。

ウレタン塗料のデメリット④|ランニングコストの高さ

先に挙げた通り、ウレタン塗料よりも優れた塗料が出てきたために、定期メンテナンスの回数が多くなってしまうようになりました。

例えば、部材費を考えなかった場合で、戸建て1軒を塗り替えるのに100万円の工事費用がかかるとすると、フッ素塗料であれば12年に1度その費用が発生するだけで済みますが、ウレタン塗料の場合は同じ12年間に200万円が発生していることになるわけです。

仮に5倍の60年で考えると、フッ素は5回の塗り替えで500万円、ウレタンは5年ごと、12回塗り替えるため1,200万円かかることになります。

この価格差は大きなデメリットと言えるでしょう。

ウレタン塗料による屋根・外壁塗装の見積り相場

工事費用の見積相場は下表をご覧ください。

工事項目

数量

単価

金額

外壁・下塗り

160m2

900円

144,000円

外壁・上塗り

160m2

2,600円

416,000円

屋根・下塗り

80m2

900円

72,000円

屋根・上塗り

80m2

2,600円

208,000円

屋根・縁切り

80m2

400円

32,000円

 

上塗り塗料の種類によって費用が違うので、、以下の費用を目安に考えてください。

アクリル塗料

1,000〜2,000円/m2

ウレタン塗料

1,500〜2,500円/m2

シリコン塗料

2,000〜3,500円/m2

フッ素塗料

3,000〜5,000円/m2

光触媒

3,500〜5,000円/m2

 

塗料に関するご質問やお問い合わせは色彩デザインにお寄せください!

塗料に関するご質問やお問い合わせは色彩デザインにお寄せください!

ウレタン塗料による外壁塗装は、職人にとって馴染みのある扱いやすい施工方法です。種類も豊富で、期待する仕上がりを適切に実現できるでしょう。

しかし、ウレタン塗料が持つデメリットにも理解をしておかなければ、ランニングコストで大きな費用負担が発生するということになります。定期メンテナンスをする際は、ウレタン塗料を選ぶメリットとデメリットも知った上で選択するようにしましょう。

株式会社色彩デザインでは今回ご紹介したウレタン塗料のほか、シリコン塗料や無機塗料、フッ素塗料など、各種塗料を扱っております。

💬「ネットで見たけど、ウレタン塗料についてもっと知りたい!」

💬「ウレタン塗料よりも、コスパのよい塗料ってあるの?」

などなど、どのようなご質問でも結構です。外壁塗装の成功は「塗装業者選び」と「塗料選び」が9割です。遠慮なくご相談ください!

ご相談無料見積無料無料診断
外壁塗装に関するご相談はお気軽に
ご来店・お電話・メール下さい

0120-130-522受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)


坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根リフォーム専門店

株式会社色彩デザイン

飯能ショールーム:飯能市中居30プリミテージュ1Fテナント

坂戸ショールーム:坂戸市にっさい花みず2-6-2

外壁塗装のプロに相談しよう!

今だけ!見積もり依頼クオカード500円分進呈!!

坂戸店来店予約 飯能店来店予約

お見積もりを取られている方へ!

相談・見積・診断は無料です。お気軽に!!

お気軽にお問い合わせ下さい!

0120-130-522 受付 10:00-19:00 水曜定休(飯能店:日曜定休)