現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > お知らせ > 屋根ガリバ二ウム鋼板のメリット・デメリット

屋根ガリバ二ウム鋼板のメリット・デメリット

お知らせスタッフブログ 2016.01.23 (Sat) 更新

ガリバ二ウム鋼板はスタイリッシュな外観や名前からまるで近未来の材料のような印象を受けますが実際そうではありません。鋼板というものがそもそも鉄がベースの合金の板のことで、ガリバ二ウム鋼板はその鉄に金属メッキ加工を施したものです。このメッキが少し特殊なもので、アルマ二ウム55%、亜鉛43,4%、ケイ素1,6%の比率で出来たメッキなのです。

このメッキのおかけでガルバ二ウム鋼板は、金属にも関わらず錆びにくく長持ちそして軽いので家に負担をかけないなど様々なメリットを持っています。しかし、外壁材において全てに優れているものは存在せず、ガルバ二ウム鋼板も漏れずデメリットがあります。

ガルバ二ウム鋼板メリットとは、

ガルバ二ウム鋼板は金属で出来ているにも関わらず非常に錆びにくいです。その錆びにくさはトタンなどの数倍上と言われています。又、耐用年数が非常に長く、20年~30年程度持つと言われております。金属で形成されていますが、金属の薄さは1㎜にも満たないです。その薄さからガルバ二ウム鋼板は非常に軽く、家に負担をかけにくいという事で、耐震性に強い屋根材です。

ガルバ二ウム鋼板デメリットとは、、

雨音等がうるさく感じやすい事と、夏場室内が熱くなりやすい事です。ただし、ガルバ二ウム鋼板の持つデメリットへの対策として、ガルバ二ウム鋼板に遮熱塗装を塗った遮熱鋼板も主流になりつつあります。金属屋根であることに変わりはないため、一般屋根よりも屋根温度は上昇しやすくなりますが、従来のガルバ二ウム鋼板に比べて10度ほど温度差があります。

スレート屋根のご住宅では、スレート屋根は何回も塗れる屋根材ではありません。中には一回目の塗替えで貼り替えやカバー工法といった方法でやる方もいます。

日高市・坂戸市・鶴ヶ島市・川越市のお住まいの方屋根でお悩みならプロタイムズ川越中央店へお任せ下さい!!

お客様の予算に合ったお見積りを作成します!!