現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 屋根裏の点検を頼むには

屋根裏の点検を頼むには

スタッフブログ 2015.09.25 (Fri) 更新

屋根は、普段は目で状態を確認することができませんが、紫外線や雨に直接さらされているので、点検をしてみれば想像以上に傷みが生じていたということが少なくありません。

目で確認するときは下から双眼鏡を使ってある程度確認できますが、てっぺん部分は確認できませんから、業者に頼むといいでしょう。

屋根裏点検を行う際に雨漏りの点検を行う方がいいでしょう。

雨漏りと屋根裏点検は密接な関係があり、雨漏りや屋根の劣化が原因で生じることがほとんどです。

屋根材の塗膜が劣化で剥がれてしまうと、ひび割れが起こったり、苔や藻が生えやすくなってしまいます。

ひび割れの間からは雨や湿気が入り込みますし、苔や藻があることで本来の水の流れを妨げて、部分的に水が溜まりやすくなることもあります。

屋根裏点検は、電気工事とともに行うのがベストです。

電気工事は屋根裏の中の配線を使用しますので、同時に屋根の状態や雨漏りの恐れをチェックすることができます。