現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 瓦の種類ってどのくらい?

瓦の種類ってどのくらい?

スタッフブログ 2015.08.28 (Fri) 更新

日本建築の特徴は屋根です。屋根に使われる瓦は製法、形、種類によりそれぞれ分類されます。

瓦は良質な粘土を高い温度で焼き上げて製造されますが、その製法により種類が異なります。

陶器瓦は表面に釉薬を塗り、多彩な色を出します。いぶしは焼き上げの最終工程で釜ごといぶし、表面に炭素の膜を作ります。

形でも区別され、本葺き・J型・F型・S型・スパニッシュなどの形に分類されます。使われるか所による違いにより種類が分けられ、地・役・鬼などの瓦があります。

葺き替えを行う場合はこれらの違いを選択の材料に選ぶと、気に入った屋根を造ることができます。

最後に忘れてはいけないのが産地です。瓦は産地により特徴が異なります。使われる土や製法に違いがあるためです。

日本の代表的な産地は三州です。愛知県を中心に生産され、良質の粘土を原材料に高温の焼成温度製造によって作られ、強度が高く凍害に強いのが特徴です。三州と共に、兵庫県の淡路、島根県の石州が日本の三大産地として知られています。