現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > セルフクリーニング効果って?

セルフクリーニング効果って?

スタッフブログ 2015.08.20 (Thu) 更新

外壁の汚れが目立つようになると、塗膜の性能が劣化していると勘違いしがちですが、必ずしもそうとは言えません。単純に汚れているだけで、塗膜の寿命ではない場合もあります。

外壁に汚れが付着すると、壁をつたって下に広がります。従来の塗料は、親水性がなかったため、雨水がかかっても水をはじいて汚れが残っていました。

セルフクリーニング効果のある塗料は、外壁の表面に親水性をもたせる機能があります。外壁に雨などの水滴がつくと、汚れと外壁の表面に間に水滴が入り込んで洗い流します。

空気中の埃を洗い流すように、外壁をきれいに洗ってくれます。太陽光が必要ないので、日夜を問わずこの機能は発揮され、日蔭や北面でもセルフクリーニング効果はあります。

また、軒下など雨の当たらない箇所は、ホースなどで水をかければ同様の効果が得られます。
セルフクリーニング効果のある塗料を使えば、メンテナンスサイクルを伸ばすことができるので、コストダウンが図れます。