現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 塗料は5年程度で気化してしまう!?

塗料は5年程度で気化してしまう!?

スタッフブログ 2015.08.22 (Sat) 更新

外壁塗装工事を行う際に、大事なものの1つが塗料選びです。外壁塗装に使う一般的なものの中には、可塑剤が含まれているものが多くなっています。

可塑剤は、プラスチックや塗料などに添加することで、柔軟性を与えたり加工しやすくなります。そのため、塗料に加えると塗りやすくなるというメリットがあります。

しかし、可塑剤は熱や紫外線に当たると3〜5年程度で気化してしまうので、気化してしまったら外壁の塗膜は5〜7年程度で弾力性を失って硬化してしまい、ひび割れを起こしやすくなってしまいます。

外壁にとって最大の劣化原因は紫外線ですから、塗料選びをするときは可塑剤が含まれているのかいないのか、しっかりと確認することで耐久性が異なってきます。

塗料によっては、可塑剤などの不純物が一切入っていないアクリル100%の樹脂を使用したものがあります。耐久年数や予算などを考慮して業者と相談ながら決めれば、家に合ったものを選ぶことができるでしょう。