現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 住宅リフォ−ム工事でトラブルが多い理由

住宅リフォ−ム工事でトラブルが多い理由

スタッフブログ 2015.07.21 (Tue) 更新

住宅リフォーム工事では、
4割以上の方がトラブルにあわれたことがあるといわれています。

特に外壁塗装などのリフォーム工事は、
塗料を塗る前の下地の段階で手抜き工事が行われやすいので
注意が必要です。

下地の汚れを落としてひび割れなどの補修をせずに塗料を塗ると、
工事直後は美しく仕上がって見えますが、
半年もすると塗料がはがれやすくなったり、
ひび割れていた部分から再びひび割れを起こしてしまいます。

塗料を塗ってしまえば、どんな処置をしているか
確認することはできないので、手抜き工事が行われやすくなります。

手抜き工事などのトラブルを起こさないために、
信頼できる業者にリフォームを依頼するのが大事です。

信頼できる業者の判断方法としては、
一式見積もりではなく、詳細が明記された見積りを出してくれる業者がいいでしょう。

見積りの際に、
劣化状況を把握するための審査が短い場合は注意が必要です。

リフォーム費用の値段の安さをアピールする業者よりも、
補修方法を丁寧に説明して、
使用する塗料のメリットとデメリットなどの情報を
正確に伝えてくれる業者を選ぶようにしましょう。