現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁再塗装のタイミングについて

外壁再塗装のタイミングについて

スタッフブログ 2015.06.13 (Sat) 更新

外壁塗装を再塗装するタイミングというのはいくつがありますが、
美観が損なわれると再塗装のひとつのタイミングとなっています。

特に、多くの人にとって
外壁塗装の持つ意味というのは
建物の美観のためという人も多いものですから、
それが損なわれてきた時期というのは
再塗装をするのに丁度良いタイミングと言えるのです。

次に、
機能性に関しては「チョーキング」が生じた
タイミングがひとつのサインです。

チョーキングというのは壁を触って
手にチョークの白い粉のようなものがつく現象のことをさし、
塗装が劣化してきた時に現れる症状なので、
再塗装を検討する時期となるのです。

塗装の仕方によってメンテナンスのしやすさにも
違いがありますので、再塗装をするときには
そのようなことも考慮に入れ、かつ将来のことを考えて、
塗装の方法を考えてみると良いでしょう。

外壁塗装というのは様々な外的なダメージから
建物を守ってくれる重要なものですから、
劣化してきた時には早めの再塗装を検討すると建物の寿命をのばすことができます。