現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁塗装では「下処理」がなにより重要です

外壁塗装では「下処理」がなにより重要です

スタッフブログ 2015.06.01 (Mon) 更新

塗装を行う前の外壁は、
ひび割れしたり、汚れが付着している状態です。

ここにいきなり塗料を塗ってしまうとどうなるのでしょうか。

確かに塗装直後はきれいにみえるかもしれませんが、
1年後、2年後と月日が経つにつれ前の汚れが浮き出てきたり、
ひび割れが更に大きくなってしまう事が危惧されます。

折角高価な塗料を使用しても、
無駄になり再び塗り直しをする必要に迫られる
羽目になりかねません。

そうならない為にも、
外壁塗装ではなにより「下処理」が重要になってきます。

下処理とは、新しい外壁塗装を実施する前に
汚れを落としたりクラックほ補修する作業を行うことです。

まず外壁に付着した汚れや苔・カビなどを高圧洗浄します。

この作業をしっかり行わないと、
塗料の密着性が悪くなり、塗料の性能を充分発揮できなくなります。

次が、ひび割れ補修です。

ひび割れの程度によって様々な方法があります。

小さなひびの場合には、防水補強材を刷毛で埋め込みます。

また大きなひびの場合には、ひび割れ箇所を切り広げ
コーキング材を充てんします。

この作業をすることで、この後施す塗装を長持ちさせることができます。