現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁「木部」の劣化確認について

外壁「木部」の劣化確認について

スタッフブログ 2015.05.28 (Thu) 更新

外壁塗装をするタイミングの目安の1つとして、
木部の劣化があります。

木部は外壁に比べて劣化しやすいのです。

その理由として挙げられるのは、
木が呼吸をしている、という性質によります。

木は湿度を吸湿したり放湿したりすることによって、収縮します。

その為、劣化が進みやすく、傷みやすくなっています。

木部が劣化すると、
塗装が剥がれ、剥がれたところは湿気を直に吸い込みやすくなるので、
雨水などが浸食してしまい、木の内部まで腐食が進むと、
雨漏りが発生したり、家の寿命を縮めたりしてしまいます。

建物内部に腐食が及んでしまった場合は、
塗り替えだけでなく、
傷んだ部分を直す大がかりな工事が必要となり、費用も多くかかります。

木部の塗料は、大体5〜6年くらいで防水効果が落ちて来ます。

その為、定期的に劣化確認、塗り替えを行った方が良いでしょう。

軒裏の腐食、 母屋の腐食、外壁下見板の腐食、
玄関ポーチの破風板の腐食など確認するようにしましょう。

劣化・腐食しやすい部分の調査・塗装は当社にお任せください。